友の会読書サークルBooks

本の紹介「放課後博物館へようこそ」

「放課後博物館へようこそ 地域と市民を結ぶ博物館」浜口哲一著、地人書館、ISBN4-8052-0656-X、1800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20050110】
●「放課後博物館へようこそ」浜口哲一著、地人書館

 おそらく世間一般多くの人に思われている博物館と言えば、埃のかぶった展示品が並ぶ辛気くさい建物。いえいえ、博物館はそれだけではありません。みんなで地域の歴史や生き物を調べたり、その成果を展示にしたり、そんなことをするのも博物館の一面です。そんな「放課後博物館」を目指した平塚市博物館と学芸員・浜口哲一氏自身の活動を語った本書。生物に関する様々な分野を多くの人たちと調べ、博物館を中心に結びつける活動を活発に、かつ継続的に続けている浜口氏には同業者として頭の下がる思い。
 しかし、そのような活動を通じて得た浜口氏の求めるひとつの博物館像・学芸員像が本書では示されているが、ひとつの例としているわりにはかなり画一的な理想を求めている感が強い。様々な指向を持った学芸員および博物館に関係したアマチュア・研究者が有機的に結びついて、様々な博物館の方向性が示されるのではないだろうか。

 お薦め度:★★  対象:博物館活動に興味のある人(含む学芸員志望の大学生)

[トップページ][本の紹介][会合の記録]