友の会読書サークルBooks

本の紹介「ハヤブサの詩」

「ハヤブサの詩」松村俊幸著、福井新聞社、ISBN4-938833-37-9、1800円+税


【注意1】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

【注意2】お薦め度は星の数で4段階で示しています。大雑把にその意味は、
         :薦めません       ★★  :読んでみてもいい
      ★★★ :けっこうお薦め     ★★★★:絶対にお薦め!

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【石田惣 20030223】
●「ハヤブサの詩」松村俊幸著、福井新聞社

 例えばフィールドワーカーと呼ばれる人に、得意とする生き物について尋ねてみるとしよう。きっと、まるで親友か、自分の子供のように、その生きざまを語るに違いない。この本を開くと、ハヤブサを20年観察してきた著者のそんな一面に出会える。片目でも子育てに懸命な母ちゃん、育児よりも食事に夢中な親、お隣とケンカの絶えない後妻などなど、身近な人をみるようにハヤブサを愛情たっぷりに描く。本書を「科学的に書」けなかったと著者はいう。しかし、豊富で緻密な行動描写は、絶妙な写真とあいまって、おのずとハヤブサの生態学を成している。手に取れば、ご自慢のアルバムを前に雄弁を振うフィールドワーカーがあなたの目の前に。
 
 お薦め度:★★★★  対象:猛禽が好きな人、猛禽が好きな人とはいったいどんな人なのか知りたい人


[トップページ][本の紹介][会合の記録]