友の会読書サークルBooks

本の紹介「ゴリラの森でうんちを拾う」

「ゴリラの森でうんちを拾う 腸内細菌学者のフィールドノート」牛田一成著、アニマルメディア社、2012年6月、ISBN978-4-90107124-6、1800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20131021】
●「ゴリラの森でうんちを拾う」牛田一成著、アニマルメディア社

 うんちを拾う話ではない。腸内細菌学者である著者の、フィールドワークで訪れた先々での出会いが日記を元につづられている。ところ変われば食べ物も変わる。フィールドワークも旅であり、食事はその醍醐味のひとつだ。「ミント風味のどす黒いロバ汁」など日本では到底お目にかかれない料理の数々。かなり気になるが、本文中の写真はすべて白黒。カラー写真が見たいなぁ。腸内細菌について知りたい方にはお薦めできないが、「放浪」と呼ぶべき旅や異国文化に興味のある方、食いしん坊な方には気に入っていただけるのでは。

 お薦め度:★★★  対象:飄々ぶりでは負けないぞ、というひと

[トップページ][本の紹介][会合の記録]