友の会読書サークルBooks

本の紹介「富士山噴火」

「富士山噴火 ハザードマップで読み解く「Xデー」」鎌田浩毅著、講談社ブルーバックス、2007年11月、ISBN978-4-06-257576-8、940円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【村山涼二 20080221】
●「富士山噴火」鎌田浩毅著、講談社ブルーバックス

 宝永噴火から300年富士山は噴火していない。富士山の3200年間の噴火の歴史をもとにハザードマップが作られている。噴火による被害として、火山灰、溶岩流、噴石と火山弾、火砕流、岩なだれ、泥流によるそれぞれの被害の写真を示し、噴火の大・中・小のそれぞれの規模・条件に対するハザードマップが示されている。300年の沈黙が更に続くことは噴出するマグマを貯めていることになり大噴火が予測される。南海・東南海・東海地震との連動噴火も危惧されている。起こった場合の政治経済への大打撃に対する危機管理が必要とされる。噴火に限らず、地震、津波、水害などに対し多くのハザードマップが公表されている。ハザードマップを理解して、災害を予測、防災・減災に生かすための一つのガイドブックとなろう。

 お薦め度:★★★  対象:防災減災に関心のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]