友の会読書サークルBooks

本の紹介「動物たちの反乱」

「動物たちの反乱 増えすぎるシカ、人里へ出るクマ」河合雅雄・林良博編著、PHPサイエンス・ワールド新書、2009年11月、ISBN978-4-569-70830-0、880円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20100306】
●「動物たちの反乱」河合雅雄・林良博編著、PHPサイエンス・ワールド新書

 本書は、全国的にも数少ない野生動物の専門研究機関、兵庫県立森林動物研究センターの研究者が、それぞれの野生動物管理の現状と課題を述べた書である。外来種も含めシカや熊、イノシシなど人との軋轢と向き合いながら、数値的なデータを元に合理的な個体数管理を図ろうとする著者達の意気込みがよく伝わってくる。外来生物の駆除を初め、野生動物の個体数管理には「命」という難題にも直面する。各動物にあった捕獲手法や管理のノウハウも紹介されている。
 第2章に、河合雅雄さんの「里山とは何か」がある。歴史的経過や海外の現状もふまえ、わかりやすくまとめられている。自然教育を通して「森林文化」を芽生えさせ、人と動物の入会地としての里山再生を訴えている。

 お薦め度:★★★  対象:里山保全活動にかかわる人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]