友の会読書サークルBooks

本の紹介「ダニ・マニア」

「ダニ・マニア チーズをつくるダニから毒ダニまで」島野智之著、八坂書房、2012年12月、ISBN978-4-89694-143-2、1900円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20130409】
●「ダニ・マニア」島野智之著、八坂書房

 「私は本書を書くにあたり決意した。世の中にカミングアウトをするときが来たのだ。自分のやりたいことを曲げてはいけない。好きなものは好きなんだと言おう」。というわけで、著者はダニマニア宣言したのであった。それが本書。
 フランスで売ってる生きたダニが大量についたチーズの話。世間ではダニの話をしないようにひっそりと暮らし、ダニ学会ではじける世界中のダニ研究者の話。ダニをめぐるエピソードや蘊蓄がとても面白い。ハチドリに運んでもらうダニに、アリの頭について食べ物を横取りするダニ。ピョンと飛ぶダニ。レモングラスの匂いのダニ。
 しかし何より特筆すべきは、ダニの画像のカッコよさ。とくに走査電顕で拡大された画像がカッコいい。コシミノダニとか、マイコダニとか、イトノコダニとか。1000倍でフィギュアを作ったら飛ぶように売れそう。

 お薦め度:★★★★  対象:ダニは気持ち悪いだけと思ってる人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]