友の会読書サークルBooks

本の紹介「DNA複製の謎に迫る」

「DNA複製の謎に迫る 正確さといい加減さが共存する不思議ワールド」武村政春著、講談社ブルーバックス、2005年4月、ISBN4-06-257477-2、860円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【魚住敏治 20060216】
●「DNA複製の謎に迫る」武村政春著、講談社ブルーバックス

 なんとなくイメージでとらえていたDNA。でも、実際どのようなものかは、理解出来ていませんでした。特にコピーの方法となると想像もつきませんでした。この本はまさにそこに焦点をあてて書かれてあります。
 ミクロの世界で繰りひろげられるDNAポリメラーゼによる正確、かついいかげんなDNAの複製の様子が読み進むにつれてなんとなく自分と同スケールの世界で行なわれているような錯覚を覚えました。
 一つ一つの現象を理解するには、すこしがまんが必要かもしれませんが、豊富にそう入された図が視覚的にカバーしてくれます。

 お薦め度:★★★  対象:高校生以上

[トップページ][本の紹介][会合の記録]