友の会読書サークルBooks

本の紹介「コーヒーの科学」

「コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか」旦部幸博著、講談社ブルーバックス、2016年2月、ISBN978-4-06-257956-8、1080円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20160823】
●「コーヒーの科学」旦部幸博著、講談社ブルーバックス

 コーヒーのおいしさを科学的観点から掘り下げた1冊。著者は理系の科学者であるが、コーヒーサイト「百珈苑」を主宰しており、コーヒーに対して深い洞察を示している。新書版の限られた紙数の中で、コーヒーの構造、植物学的知識、歴史や健康面まで広く情報を開陳している。コーヒーの味についても、化学的成分のそれぞれについての分析など、今までの類書にあるようなソムリエ的表現にとどまらず、より具体的な説明を加えている。焙煎や抽出の項はものすごく詳細な記述で超具体的である。健康面についても、コーヒーの急性作用や長期影響に言及している点、今までの類書と一線を画していると思う。

 お薦め度:★★★★  対象:もちろんコーヒー好きの人
[トップページ][本の紹介][会合の記録]