友の会読書サークルBooks

本の紹介「知性はどこに生まれるか」

「知性はどこに生まれるか ダーウィンとアフォーダンス」佐々木正人著、講談社現代新書、1996年12月、ISBN4-06-149335-3、680円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【西川裕子 20030928】
●「知性はどこに生まれるか」佐々木正人著、講談社現代新書

 「歩く」には足という歩けるシステムと同時に 固い地面という歩ける状態が必要であり、これら2つの要因によって「歩く」という行動は規定されている。 この、行動と環境の複雑な相互作用が「アフォーダンス」である。
 ダーウィンは多くの観察をもとに理論では説明できない生物の生活を垣間見ていた。 この本は言う。ダーウィンの見たものこそが、アフォーダンスで成立している ありのままの世界なのだ、と。
 アフォーダンスはとても面白い視点だと思う。 この本で取り上げているダーウィンの観察と、 結びつける必然性はあまり無いような気もするが、 色々な分野で使うと新しい視野が広がるのではないだろうか。
 
 お薦め度:★★★  対象:ダイナミックに物事を捉えたい人間向き


[トップページ][本の紹介][会合の記録]