友の会読書サークルBooks

本の紹介「地球史が語る近未来の環境」

「地球史が語る近未来の環境」日本第四紀学会・町田洋・岩田修二・小野昭編、東京大学出版会、2007年6月号、ISBN978-4-13-063705-3、2400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。

[トップページ][本の紹介][会合の記録]


【西村寿雄 20071220】
●「地球史が語る近未来の環境」日本第四紀学会ほか編、東京大学出版会

 本書の〈はしがき〉に「自然そのもののはたらきに加えて、人類の活動によって加速的に変化している地球環境の現在を理解し、将来を予測するには、最近の地球史を総合的に考察する視点が不可欠である。」とある。地球は、もともと寒冷期と温暖期をくりかえしてきた。環境問題を論じるには、地球本来の気候変化と、人類活動との影響を冷静に見ようとする視点が求められる。その意味からも参考になる書物である。
 本書では「第四紀から地球環境を考える」「地球温暖化と海面上昇」「気候の近未来予測」など、各分野での研究成果が集大成されている。

 お薦め度:★★★  対象:地球環境を論じようとする大人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]