友の会読書サークルBooks

本の紹介「地球の変動はどこまで宇宙で解明できるか」

「地球の変動はどこまで宇宙で解明できるか 太陽活動から読み解く地球の過去・現在・未来」宮原ひろ子著、化学同人、2014年8月、ISBN978-4-7598-1661-7、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20150624】
●「地球の変動はどこまで宇宙で解明できるか」宮原ひろ子著、化学同人

 気候変動の原因にはいろいろな理由が語られているが、太陽活動と気候の関係を解き明かそうとする本書。タイトルには宇宙とあるが、ほとんどが太陽活動の話。複雑系である気候変動を解き明かすのは簡単なことではないが、黒点変動、太陽磁場、フレアや太陽風、銀河宇宙線などが気候とわずかながらでも関係しているとすれば、さらに過去のものにせよ未来のものにせよ、気候変動予測はさらに難しくなる。気候変動云々は別にしても、今迫り来る危機として、太陽風などの影響による人工衛星の落下や通信障害などを予測するためにも、短期の宇宙天気予報は必要になってきている時代かもしれない。

 お薦め度:★★★  対象:太陽と地球のより深い関係を知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]