友の会読書サークルBooks

本の紹介「21世紀に読む「種の起原」」

「21世紀に読む「種の起原」」デイヴィッド・N.レズニック著、みすず書房、2015年10月、ISBN978-4-622-07936-1、4800円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20160411】
●「21世紀に読む「種の起原」」デイヴィッド・N.レズニック著、みすず書房

 生物学のみならず、他の分野でも大きな影響を与えたダーウィンの「種の起源」は、なぜか自分の周りを見ても、読んだ人が少ないようだ。その原因は、難解であることや、今更感もあるだろう。実は本書の著者も「種の起源」を読むのにかなり時間を要したと記している。しかし、その過程で「種の起源」の先見性と現代の生物学に与えた影響や、理論とは何かについて学ぶ優れた教材として、その重要性を本当に理解するに至り、「種の起源」がより多くの読者に受け入れられることを目標に本書を執筆した。「種の起源」の難解さの原因は、複雑な問題をきちんと切り分けていないことにある。著者はこれを明確に@自然淘汰、A種分化、およびB起源に分け、ほぼ「種の起源」に書かれてある順にそれが書かれた意味、背景ならびに後の生物学が感化された影響について極めて丁寧に解説している。もちろん、ダーウィンの時代には解明されていなかったこと(例えば遺伝学)についてダーウィンは間違った解釈もしているが、それにも増して、ダーウィンの洞察の深さをあらためて認識することができる。「種の起源」にただひとつ示されている図についても、奥深い意味が込められていることがやっと理解できた。ダーウィンは知らなかったが、進化は必ずしも人の一生の間に見ることができないものではなく、著者が専門とするグッピーやその他の生物でも短期間で自然淘汰が観察できることも紹介されている。あとがきで、本書が「種の起源」の最高の解説書である旨紹介されているが、間違いないだろう。

 お薦め度:★★★★  対象:進化をより深く考えたい人。可能ならばダーウィンに読ませたい
[トップページ][本の紹介][会合の記録]