タヌキ・キツネ・アナグマを見てない?

中型食肉類の情報募集  タヌキマップ(大阪府)
キツネマップ(大阪府)  アナグマップ(大阪府)

ホームへ戻る



 大阪の中型食肉類といえば、タヌキ・キツネ・アナグマの在来種3種と、ハクビシン・アライグマの移入種2種が確認されています(ノネコとノイヌを除く)。いずれも夜行性なので、観察するのは難しいのですが、意外と人家周辺にも生息しています。千里丘陵などではキツネが、堺市などではタヌキが、市街地に生息しています。タヌキの場合は、同じ場所で何度も糞をする(ため糞)ので、ため糞を見つけることで生息を確認することもできます。

そこで、下記の要領で情報を集めます。こんな感じのタヌキのため糞、あるいは中型食肉類を見つけたら、大阪市立自然史博物館の和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)まで送って下さい。よろしくお願いします。

【タヌキのため糞の画像を入れる予定。少々お待ちください。】

◆注意事項
 準備中

◆探し方
 準備中

◆見分け方
 準備中


中型食肉類の情報募集!

・調査範囲:大阪府とその周辺地域
・調査期間:2007年〜2008年
・調査対象:中型食肉類、及びタヌキのため糞

◆中型食肉類、またはタヌキのため糞を見つけたら、以下の項目をお知らせ下さい。
・観察者名
・観察日
・観察場所(とっても詳しく、できれば地図上でピンポイントで示してください)
・その他気付いたこと(環境や行動など)

◆データの送付先:大阪市立自然史博物館の和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)。できるだけ、画像を添付して下さい。もし死体を見つけたら、それもぜひ博物館まで!

◆データの取扱い
 頂いた情報は、大阪市立自然史博物館のデータベースに登録するほか、HPでも公表し、現在準備中の「大阪の哺乳類」の本にも盛り込みます。


タヌキマップ(大阪府)

2000年以降の大阪府下でのタヌキ(●:標本、■:観察)、及びため糞(◆)の確認地点。
<註>標本情報の一部、及び最近いただいた観察情報はまだ分布図に反映できていませんので、御了解ください。


キツネマップ(大阪府)

2000年以降の大阪府下でのキツネ(●:標本、■:観察)の確認地点。
<註>標本情報の一部、及び最近いただいた観察情報はまだ分布図に反映できていませんので、御了解ください。


アナグマップ(大阪府)

2000年以降の大阪府下でのアナグマ(●:標本、■:観察)、及び巣穴・足跡(◆)の確認地点。
<註>標本情報の一部、及び最近いただいた観察情報はまだ分布図に反映できていませんので、御了解ください。