ヌートリアを見つけてね

ヌートリアの情報募集  ヌートリアマップ(大阪府)

ホームへ戻る



 ヌートリアは、アメリカ大陸原産の大きなネズミです。水辺で生活し、よく泳ぎます。おもに草食性ですが、二枚貝を食べることもあるそうです。
 日本へは毛皮用に持ち込まれ、戦後、毛皮需要の落ち込みとともに野外に放され、西日本の各地に定着しました。関西では、兵庫県(武庫川など)や京都府(由良川)などに古くから生息していました。大阪府では、2000年頃から観察例が増えはじめました。当初は、淀川本流のみだったのが、支流に広がり、能勢町や豊能町の山間部でも観察されています。さらに泉南地域での観察例もあります。
 特定外来生物に指定され、大阪府による駆除も始まっていますが、淀川本流以外での生息状況は、必ずしも把握されていません。思いのほか広い範囲に生息しているのかも知れません。

そこで、下記の要領で情報を集めます。こんな感じのヌートリアを見つけたら、大阪市立自然史博物館の和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)まで送って下さい。よろしくお願いします。


◆探し方
 とにかく水辺で気を付けましょう。泳いでいるのに気付くことが多いようです。
 大阪では主に河川に生息しています。今の所、ため池での確認例はありません。ただし大阪城の掘では観察されています。今年辺りから、河川上流部の幅1メートル程度の小さな川でも確認されるようになってきています。山間部でも要注意です。あと、海で観察されることもあるそうです。
 どっちかといえば、夜行性の動物ですが、真っ昼間でもけっこう活動します。

◆見分け方
 こんなに大きなネズミは他にいません。ましてや泳いでいたりしません。ありうるとしたら、ドブネズミ? とにかく、上の画像をよーく見て、ヌートリアを覚えましょう。
 足跡や糞、食痕などでも生息確認は可能のようですが、ここでは姿を確認した確実な情報を求めます。


ヌートリアの情報募集!

・調査範囲:大阪府とその周辺地域(大阪府外でも、兵庫県の猪名川水系、京都府の三川合流周辺は大歓迎)
・調査期間:2007年〜継続中(2008年に一段落したが、継続を決定!)
・調査対象:ヌートリア(本体を見たという情報のみ、死体は歓迎、糞や足跡情報は参考記録扱いにします)

◆ヌートリアを見つけたら、以下の項目をお知らせ下さい。
・観察者名
・観察日
・観察時間
・観察場所(とっても詳しく、できれば地図上でピンポイントで示してください)
・個体数と行動
・周辺環境、及びその他気付いたこと
・論文化する際の名前の公表の可否(情報提供者一覧としてお名前を載せます。個々のどの情報の観察者かは公表しません)

◆データの送付先:大阪市立自然史博物館の和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)。ヌートリアかどうか自信がないときは、画像を添付して下さい。

◆データの取扱い
 頂いた情報は、大阪市立自然史博物館のデータベースに登録するほか、HPでも公表し、現在準備中の「大阪の哺乳類」の本にも盛り込みます。また、淀川水系に関しては、現在調査を進めているプロジェクトY:淀川水系調査グループの調査結果に盛り込みます。また、大阪府が行っている大阪府外来生物目録の調査にもデータを提供します。


ヌートリアマップ(大阪府)

2000年以降の大阪府でのヌートリアの観察情報のある場所(2000-2004年:白抜き、2005-2008年:赤)。ヌートリア本体の観察記録を■、糞や足跡の観察記録を◆で示しています。
ここに示したデータには、大阪府から提供を受けた大阪府外来生物目録のデータを含みます。