最近見た鳥

2022年1月2月3月4月、5月、6月
1997年下半期1998年上半期1998年下半期1999年上半期1999年下半期2000年上半期2000年下半期2001年上半期2001年下半期2002年上半期2002年下半期2003年上半期2003年下半期2004年上半期2004年下半期2005年上半期2005年下半期2006年上半期2006年下半期2007年上半期2007年下半期2008年上半期2008年下半期2009年上半期2009年下半期2010年上半期2010年下半期2011年上半期2011年下半期2012年上半期2012年下半期2013年上半期2013年下半期2014年上半期2014年下半期2015年上半期2015年下半期2016年上半期2016年下半期2017年上半期2017年下半期2018年上半期2018年下半期2019年上半期2019年下半期2020年上半期2020年下半期2021年上半期2021年下半期
和田の鳥小屋のTOPに戻る

2022年5月16日  大阪市:大和川(新明治橋〜河口)

 毎月恒例、大和川右岸を河口に向かって自転車で走って、水鳥をカウント。今日は、午前は右岸で水鳥カウントで、午後からは、大和川大橋〜河口の先まで、左岸側にも行った。おかげで、午前には出会わなかったカンムリカイツブリ、チュウシャクシギ、コアジサシも登場した。暖かくて涼しい爽やかな日だったが、午後から少し寒くなった。ナヨクサフジの季節は続いているけど、一部のエリアではセイヨウヒキヨモギの黄色が加わっていた。
  河口のカモメ類はまったくいない。冬カモもオオバンもぜんぜんいない。カワウやサギ類も少ない。コチドリがとてもにぎやかだった程度。水鳥カウントはすぐ終わった。先月確認した湾岸線下流側のハッカチョウは今日もいた。阪神高速の高架で営巣しそう。瓜破大橋の少し下流では、チョウゲンボウが2羽出現。これも営巣しそう。
 午後からの左岸側からも、湾岸線下流のハッカチョウの声が聞こえていた。チュウシャクシギ4羽とヌートリア1匹も登場。左岸側の河口のさらに先ではウグイスが囀っていた。

 確認した鳥:マガモ、カルガモ、カンムリカイツブリ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、イソシギ、チュウシャクシギ、コアジサシ、カワセミ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、ハッカチョウ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ
 確認した哺乳類:ヌートリア
 確認した両生爬虫類:ウシガエル、クサガメ、アカミミガメ
2022年5月8日  京都市伏見区:京阪観月橋駅〜(宇治川沿い)〜久御山町:久御山排水機場〜淀大橋〜大藤神社〜淀大橋〜(宇治川沿い)〜八幡市:御幸橋〜京阪石清水八幡宮駅

 京都府でのハッカチョウのセンサス調査、宇治川下流よりコースの24回目。今日も、上流側から一気に調査した。
 今月もハッカチョウの営巣場所を見に行ったら、ハッカチョウはおらず。ムクドリばかりで、チョウゲンボウもいない。
  あちこちでウグイスが囀ずる。ホオジロとオオヨシキリもけっこう囀っている。観月橋から国道1号線までの間は、ヨシ焼きしたところに綺麗なヨシ原ができてきていて、ウルサイくらいにオオヨシキリが囀っている。ところどころでセッカとキジの声もする。あいかわらずヒバリの囀りは少ない。

 確認した鳥:キジ、カルガモ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コチドリ、ケリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ
2021年5月8日  宇治市:京阪宇治駅〜(宇治川沿い)〜京都市伏見区:京阪観月橋駅

 宇治川の上流側の新コースの19回目。
 ハッカチョウはいない。オオバン1羽しかいないし、冬カモもいなくなった。と思ったら、カワアイサが残ってる。オスが3羽。カワアイサは、雌が先に渡ってくの? サギ類のコロニーでは、アオサギ、ダイサギ、コサギが営巣を始めてる。宇治駅のコシアカツバメはウルサイくらいに鳴きまくって、飛び回っている。イワツバメの姿は2羽だけ。

 確認した鳥: キジ、マガモ、カルガモ、カワアイサ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、コチドリ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ
2021年5月5日  兵庫県猪名川町:日生中央駅〜下馬場〜民田〜上阿古谷バス停〜消防署前バス停〜日生中央駅

 ジュニア自然史クラブの行事。水生昆虫と両生類のリクエストに応える企画、だったはずだけど、誰も水生昆虫で盛り上がってないし! でも、両生類はいろいろ見られた。
 いろいろトラブルはあったけど、まあまあ楽しかったかも。鳥の囀りがにぎやかだったけど、鳥好きもあまりいなくて残念。

 鳥類:キジ、コジュケイ、ダイサギ、トビ、コゲラ、サンショウクイ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、センダイムシクイ、ソウシチョウ、イソヒヨドリ、キビタキ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ
爬虫類:クサガメ、ニホントカゲ、ニホンカナヘビ、ヤマカガシ
両生類:アカハライモリ、小型チサンショウウオ(幼生)、ニホンヒキガエル(幼生)、ニホンアマガエル、トノサマガエル、ヌマガエル、ウシガエル、シュレーゲルアオガエル
魚類:カワムツ、メダカ?
淡水貝類:オオタニシ、チリメンカワニナ(たぶん)、カワニナ、マシジミ(死に殻のみ)、ウスイロオカチグサ
淡水甲殻類:スジエビ(たぶん)、カワリヌマエビ属の一種、アメリカザリガニ、ミズムシ
2022年5月2日  JR郡山駅〜郡界橋〜佐川急便奈良営業所〜平和小学校〜的場古池公園〜(菩提仙川沿い)〜番匠田中交差点・平和橋〜高瀬川橋〜(高瀬川沿い)〜高瀬川・佐保川合流〜(佐保川沿い)〜三郷橋〜近鉄平端駅

 大和郡山市の第2コースでのセンサス調査19回目。小学校の周りにハッカチョウはいなかったが、ホテルにはハッカチョウ5羽。つまり3つがいってことだろう。先月、小学校周りに2ヶ所にいたから、合計していいなら合計5つがいはいそう。
 途中の産直に今日も立ち寄った。

 確認した鳥:マガモ、カルガモ、コガモ、ドバト、キジバト、キンクロハジロ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コチドリ、ケリ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ハクセキレイ、カワラヒワ
2022年4月27日  大阪市住吉区・阿倍野区:万代池、長池、桃ヶ池

 近所のため池調査4ヶ所。オオバンは1羽いるけど、繁殖はしそうにない。今年は万代池のアオサギも繁殖していない。

 確認した鳥:カルガモ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ
2022年4月25日  松原市〜堺市北東部+松原市:大塚山古墳・樋野ヶ池

 毎月行ってるため池調査59ヶ所を、自転車でめぐる水鳥調査。まだため池の減少が続く予感。
 大津池のカワウの営巣は350巣超え。久しぶりに東の島でも営巣していて、西の島、中央の島、東の島の営巣数は同じくらいずつ。アオサギは中央の島に1巣だけ。大泉緑地では、大泉池にカワウ5巣とアオサギ1巣。府大池のヨシ原では、少なくともアオサギ2巣。
 冬カモはすっかり減ったが、オオバンは9ヶ所に残ってる。内、5ヶ所は複数個体がいるけど、繁殖したりしないかな?  ケリがあちこちで騒いでる。

 確認した鳥:ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、ドバト、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、コチドリ、ケリ、イソシギ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、エゾムシクイ、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、イソヒヨドリ、ツグミ、キビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ
2022年4月18日  大阪市:大和川(新明治橋〜河口)

 毎月恒例、大和川右岸を河口に向かって自転車で走って、水鳥をカウント。暖かくて気持ちいい。以前は、4月はナヨクサフジの季節で河川敷は紫一色だったが、近年はセイヨウカラシナも粘っていて、紫と黄色のツートーン。
  河口のカモメ類はセグロカモメ10羽だけ。冬カモはすっかり減った。オオバンもいなくなった。と思ったら河口に40羽ほどのオオバンの群れ。
 湾岸線の下流側で、翼に白い斑のある黒い鳥が2羽で飛んで来た。ハッカチョウや!ちょっと油断してた。河口には干潟が出ていて、チュウシャクシギ2羽。

 確認した鳥:オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、カンムリカイツブリ、ドバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、コチドリ、イソシギ、チュウシャクシギ、セグロカモメ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、セッカ、ムクドリ、ハッカチョウ、イソヒヨドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、アオジ
2022年4月11日  京都市伏見区:京阪観月橋駅〜(宇治川沿い)〜久御山町:久御山排水機場〜淀大橋〜大藤神社〜淀大橋〜(宇治川沿い)〜八幡市:御幸橋〜京阪石清水八幡宮駅

 京都府でのハッカチョウのセンサス調査、宇治川下流よりコースの23回目。今日も、上流側から一気に調査した。
 ハッカチョウの営巣場所を見に行ったら、ハッカチョウはおらず。ムクドリばかり。と思ったら、チョウゲンボウまでいた。交尾までしていた。ここでチョウゲンボウが営巣したら、ハッカチョウは来ないかも。
  あちこちでウグイスが囀ずる。ホオジロもけっこう囀っている。というか、ホオジロに負けないくらい、あちこちからキジの声がする。所々でヒバリやセッカも囀ずってる。

 確認した鳥:キジ、カルガモ、コガモ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、ヒクイナ、オオバン、コチドリ、ケリ、イソシギ、トビ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、セッカ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ
2021年4月11日  宇治市:京阪宇治駅〜(宇治川沿い)〜京都市伏見区:京阪観月橋駅

 宇治川の上流側の新コースの18回目。
 ハッカチョウはいない。まだオオバンがたくさんいるし、カワアイサも残ってる。アオサギとダイサギがコロニーに戻ってきてるけど、巣はつくってない様子。宇治駅の前にコシアカツバメが戻ってきてるけど、巣には出入りしていない。山科川のイワツバメはまだ姿もない。コチドリが少し目立ってる。

 確認した鳥: コガモ、カワアイサ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、コチドリ、イソシギ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、イソヒヨドリ、セッカ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ
2022年4月7日  JR郡山駅〜郡界橋〜佐川急便奈良営業所〜平和小学校〜的場古池公園〜(菩提仙川沿い)〜番匠田中交差点・平和橋〜高瀬川橋〜(高瀬川沿い)〜高瀬川・佐保川合流〜(佐保川沿い)〜三郷橋〜近鉄平端駅

 大和郡山市の第2コースでのセンサス調査18回目。ハッカチョウは小学校の西と東に1羽ずつ。でも、ホテルにはまだハッカチョウはいない。ムクドリは営巣地に戻ってきてるけど、ハッカチョウはまだ戻ってないのもいる感じ。スズメも営巣地に戻ってるようで、今までと少し分布が違う。ヒバリはあちこちで囀り、モズは鳴かないけどあちこちに妙に目立つ。騒いでるケリも1羽。ウグイスとイソヒヨドリも囀っていて、カワラヒワも少し良い声をだしている。
 途中の産直に今日も立ち寄った。

 確認した鳥:ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、コチドリ、ケリ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、セッカ、ムクドリ、ハッカチョウ、イソヒヨドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ
2022年4月2日  兵庫県西宮市:甲子園駅〜甲子園浜〜甲子園駅

 大阪鳥類研究グループの行事で、昨年11月28日に続いて甲子園浜へ。カモ類の大群期待していったのに、工事中で東側半分に入れず。カモ類は6種、水鳥だけなら17種、全種あわせても28種しか見れなかった。工事は3月25日までとのことだったので、リベンジに再び大阪鳥類研究グループの行事で出かけた。
 工事は終わっていた。堤防は小綺麗。以前より堤防は高くなってたかもだけど、通路はさらに高くなっていて、鳥は以前より見やすい。ただ鳴尾川の中は、通路はそのまま、堤防が高くなった…。もう一つ大きく変わったのは、干潟がとても広くなった。地元の人が、砂をいっぱい入れたと言っていた。
 で、鳥の方だけど、カモ類は11種見れて、リベンジは果たしたかと。水鳥だけなら23種、全種あわせて36種。リベンジ果たしたかなぁ。ちょうど潮がよく引くので、シギチは3種しかでなくて、少し物足りなかった。

 確認した鳥:ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、スズガモ、ウミアイサ、カンムリカイツブリ、ドバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、コチドリ、シロチドリ、イソシギ、ユリカモメ、カモメ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ツグミ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ

2021年3月30日  兵庫県猪名川町:屏風岩バス停〜柿ノ木鉱山跡〜槻並素戔嗚神社〜屏風岩バス停〜紫合バス停

 ジュニア自然史クラブの久しぶりの行事。鉱物採集だけど、前回と同じくホネを拾ってくれたから、完品に近いイノシシ頭骨を持って帰ってきた。帰り道の溝に、綺麗なテンの死体が落ちていたから拾った。というわけで、わざわざ博物館に寄って、冷凍室に死体を放り込むことに。

 確認した鳥:コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、カケス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ
 確認した哺乳類:イノシシ(頭骨)、ニホンジカ(頭骨の一部)、テン(死体)、リス(エビフライ)
 確認した両生類:ニホンアマガエル(声)
 確認した魚類:カワムツ?(コイ科稚魚)
2022年3月28日  大阪市:大和川(新明治橋〜河口)

 毎月恒例、大和川右岸を河口に向かって自転車で走って、水鳥をカウント。暖かかいだろうと薄着でいったら、寒かった。
 ダイサギは嘴が黒くなってるのや、黒くなりかけがいる。コチドリは少し騒ぎだしてる。河口には夏羽のカンムリカイツブリが約200羽。向かい合ってディスプレイっぽい行動をしているのも数ペア。ユリカモメの一部は頭が黒くなってる。春だなぁ。
  サギ類は少なめで、カワウも少ない。湾岸線のカワウは数羽だけ。カモは少し増えて散らばってる感じ。オオバンは、150羽ほどいた。河口部にたくさんいた。ユリカモメ約2200羽、カモメ約100羽、セグロカモメ約60羽。久し振りにたくさん数えた。

 確認した鳥:オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カンムリカイツブリ、ドバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ケリ、ユリカモメ、カモメ、セグロカモメ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ
2022年3月21日  松原市〜堺市北東部+松原市:大塚山古墳・樋野ヶ池

 毎月行ってるため池調査60ヶ所を、自転車でめぐる水鳥調査。だったのだけど、池が1つきれいになくなっていたので、59ヶ所になった。しばらく60ヶ所で耐えていたけど、また減少が続くかもしれない。
 大津池のカワウの営巣は300巣近い。その半分弱が西の島。アオサギは中央の島に3巣だけ。大泉緑地では、頭泉池で繁殖する様子はなく、大泉池でカワウ2巣とアオサギ2巣。府大池のヨシ原では、少なくともアオサギ2巣、片方からはヒナの声。
 オオバン21ヶ所、ミコアイサ1ヶ所、オナガガモ1ヶ所、ヨシガモ1ヶ所、カンムリカイツブリはいなかった。ハシビロガモは多いまま。ヒバリやイソヒヨドリが囀り、ケリが騒いでる。春だなぁ。複数のゴイサギが集まってるねぐらが2ヶ所見つけた。春になると集まりだすの?

 確認した鳥:ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、ドバト、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、ケリ、トビ、オオタカ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、イソヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ
2022年3月20日  大阪市住吉区・阿倍野区:万代池、長池、桃ヶ池

 近所のため池調査4ヶ所。カモが減ったが、オオバンは減ってない。このまま繁殖したりしないかな。気配はないけど。

 確認した鳥:ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、ドバト、キジバト、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、コゲラ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、スズメ
2022年3月12日  京都市伏見区:京阪観月橋駅〜(宇治川沿い)〜久御山町:久御山排水機場〜淀大橋〜大藤神社〜淀大橋〜(宇治川沿い)〜八幡市:御幸橋〜京阪石清水八幡宮駅

 京都府でのハッカチョウのセンサス調査、宇治川下流よりコースの22回目。今日も、上流側から一気に調査した。
 ハッカチョウの営巣場所を見に行ったが、周辺にハッカチョウはおらず。あちこちでウグイスが囀ずる。所々でヒバリが囀ずる。時々ホオジロも囀ずってる。

 確認した鳥:オカヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ドバト、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、コサギ、オオバン、ケリ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、イカル、ホオジロ、カシラダカ、アオジ
2021年3月12日  宇治市:京阪宇治駅〜(宇治川沿い)〜京都市伏見区:京阪観月橋駅

 宇治川の上流側の新コースの17回目。
 ハッカチョウはいない。オオバンが多く、キンクロハジロもまだまだいる。アオサギ数羽コロニーに戻ってきてる。トビが交尾してた。カワアイサはまだペアになってない。

 確認した鳥: マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、コチドリ、ケリ、イソシギ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ
2022年3月4日  JR郡山駅〜郡界橋〜佐川急便奈良営業所〜平和小学校〜的場古池公園〜(菩提仙川沿い)〜番匠田中交差点・平和橋〜高瀬川橋〜(高瀬川沿い)〜高瀬川・佐保川合流〜(佐保川沿い)〜三郷橋〜近鉄平端駅

 大和郡山市の第2コースでのセンサス調査17回目。ハッカチョウはいない。ムクドリは営巣地に戻ってきてるけど、ハッカチョウはまだ。スズメも営巣地に戻ってるようで、今までと少し分布が違う。ヒバリはあちこちで囀り、モズは鳴かないけどあちこちに妙に目立つ。騒いでるケリも1羽。ウグイスとイソヒヨドリも囀っていて、カワラヒワも少し良い声をだしている。。
 途中の産直に今日も立ち寄った。

 確認した鳥:ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、バン、オオバン、ケリ、イソシギ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、イソヒヨドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ
2022年2月28日  大阪市:大和川(新明治橋〜河口)

 毎月恒例、大和川右岸を河口に向かって自転車で走って、水鳥をカウント。暖かかったが、厚着をしてたので、むしろ暑くて不満。
 河口のカモメ類は、ユリカモメ1000羽ちょっと、カモメ20羽ほど、セグロカモメ140羽。近頃ではまあまあな個体数。
 オオバン116羽。カモはほぼほぼJR阪和線より下流にしかいない。多いのはマガモ、オカヨシガモ、コガモの順。ヒドリガモが少ないヨシガモが1羽いた。とても珍しい。河口の海ガモはホシハジロが10数羽いただけで、大群はおらず。河口で目立ってるのは、カンムリカイツブリ約110羽。湾岸線のカワウねぐら少なめ。

 確認した鳥:ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、カンムリカイツブリ、ドバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ケリ、ユリカモメ、カモメ、セグロカモメ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、アオジ
2022年2月26日  松原市〜堺市北東部+松原市:大塚山古墳・樋野ヶ池

 毎月行ってるため池調査60ヶ所を、自転車でめぐる水鳥調査。
 大津池のカワウは、最初の繁殖ピークを迎えている感じ。今年は中央の島と西の島の両方で営巣している。西の島のが拡がって、道路から丸見え。クレーム出そう。アオサギは1巣だけ。大泉緑地では、カワウはまだ戻ってもいない。戻ってるアオサギもまだ営巣していない。府大池のヨシ原では、すでにアオサギ1巣抱卵中。
 オオバン20ヶ所、ミコアイサ9ヶ所、オナガガモ2ヶ所、ヨシガモ1ヶ所、カンムリカイツブリはいなかった。ハシビロガモが妙に多かった。先月に続き、今日も同じ池でオオバンがホシハジロにまとわりつくのを見た。今日は3組。両種がいる池は他にもあるのにな。

 確認した鳥:ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ドバト、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、イソヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ、オオジュリン
2022年2月23日  大阪市住吉区・阿倍野区:万代池、長池、桃ヶ池

 近所のため池調査4ヶ所。桃ヶ池にユリカモメが9羽。カモが減ったと思う。万代池は、ヒドリガモではなく、マガモの池になった。

 確認した鳥:ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、ドバト、アオサギ、バン、オオバン、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ
2022年2月7日  京都市伏見区:京阪観月橋駅〜(宇治川沿い)〜久御山町:久御山排水機場〜淀大橋〜大藤神社〜淀大橋〜(宇治川沿い)〜八幡市:御幸橋〜京阪石清水八幡宮駅

 京都府でのハッカチョウのセンサス調査、宇治川下流よりコースの21回目。今日も、上流側から一気に調査した。
 ハッカチョウポイント狙ったけど見つからず。ツバメ類もいない。でもカワアイサが2羽。

 確認した鳥:キジ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ケリ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ
2021年2月7日  宇治市:京阪宇治駅〜(宇治川沿い)〜京都市伏見区:京阪観月橋駅

 宇治川の上流側の新コースの16回目。
 ハッカチョウはいない。オオバンが多い。なぜかヒドリガモがいないなぁ。カワアイサは3羽。ツグミが登場。

 確認した鳥:オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カンムリカイツブリ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、イカルチドリ、イソシギ、トビ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ

2022年2月4日  JR郡山駅〜郡界橋〜佐川急便奈良営業所〜平和小学校〜的場古池公園〜(菩提仙川沿い)〜番匠田中交差点・平和橋〜高瀬川橋〜(高瀬川沿い)〜高瀬川・佐保川合流〜(佐保川沿い)〜三郷橋〜近鉄平端駅

 大和郡山市の第2コースでのセンサス調査16回目。ハッカチョウを発見。今までで一番確認頻度の高い場所だった。やっぱりここにいるのか。遠目に黒い中型の鳥がとまってるけど、枝の陰で確認出来ず。気になるので近付いたらハッカチョウだった。その勢いで近所の木を見てまわったら、ニュウナイスズメの群れも発見できた。
 今日もクサシギが出現。ノスリは、ハシブトガラス1羽の追われ、そのまわりをドバトの群れが逃げ惑う。
 途中の産直に今日も立ち寄った。

 確認した鳥:ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ケリ、イソシギ、クサシギ、ノスリ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ヒヨドリ、ムクドリ、 ハッカチョウ、ツグミ、スズメ、ニュウナイスズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ
2022年1月31日  兵庫県宝塚市:宝塚駅〜(武庫川沿い)〜西宮市:阪神高速湾岸線

 昨年度実施した大阪湾岸カモメ類調査にからめて、武庫川下流部を歩いて水鳥を数えた。すると今の大阪湾岸では、もしかしたら大和川以上に、カモメ類にとって重要な場所なのかもしれないことが判った。というより、内陸にまとまったカモメ類がいるのは、たぶん大阪湾岸で武庫川だけ。ということで、毎年1回は調査しておこうと考え、今年も1月末に歩いて見た。
 昨年ほどではなかったけど、やはりまとまった数のカモメ類がいた。カモメ類の群れがいたのは、武庫大橋の上流側、武庫大橋〜武庫川橋、阪神本線の上流側と下流側の4ヶ所。ほぼいつもの場所。合計でユリカモメ約350羽、カモメ約70羽、ウミネコ1羽、セグロカモメ約50羽。
 昨年と比べると、カモ類が少なかった。その分調査は楽だった。とくに河口にスズガモがいない。ホシハジロも少ない。途中目立って多かったのはオカヨシガモとオオバン。イワツバメが飛んでいたけど1羽だけだった。
 全域がヌートリア生息域のはずだけど、1匹も見なかった。下流の方はハッカチョウ生息域でもあるけど、さっぱり見なかった。

 確認した鳥:オカヨシガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、コチドリ、イソシギ、ユリカモメ、カモメ、ウミネコ、セグロカモメ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ
2022年1月27日  大阪市:大和川(新明治橋〜河口)

 毎月恒例、大和川右岸を河口に向かって自転車で走って、水鳥をカウント。寒かったが、風がなかったのが救い。
 河口のカモメ類にウミネコやオオセグロカモメの姿はなく、カモメ約30羽、セグロカモメ約80羽、ユリカモメ約1300羽。1月のカウントでユリカモメが1000羽を超えたのは2年ぶり。カモ類は全体に少なめで、河口に海ガモの大きな群れはおらず、途中もオカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、コガモがパラパラいた程度。サギ類も少ないし、湾岸線にカワウがいない。オオバンは90羽弱。今回はカワアイサがいなかったが、ミコアイサがいた。こっちの方が珍しい。

 確認した鳥:ヒドリガモ、オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ドバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、ユリカモメ、カモメ、セグロカモメ、ミサゴ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ


2022年1月19日  大阪市住吉区・阿倍野区:万代池、長池、桃ヶ池

 近所のため池調査4ヶ所。桃ヶ池にユリカモメが9羽。今年は、なぜかユリカモメが内陸にボチボチ入ってる。とはいえ、かつてに比べると少ないけど。

 確認した鳥:ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、ドバト、キジバト、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、カワセミ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、メジロ、ツグミ、スズメ
2022年1月17日  松原市〜堺市北東部+松原市:大塚山古墳・樋野ヶ池

 毎月行ってるため池調査60ヶ所を、自転車でめぐる水鳥調査。風が強くて、寒いし、疲れた。それでいてダウンジャケットは暑くて汗をかく。今日は、ガンカモ調査を兼ねているので、2ヶ所寄り道。
 大津池のカワウは、最初の繁殖ピークを迎えようかという感じで、とても賑やか。アオサギは、まだ数羽が繁殖地に戻ってきてるだけ。大泉緑地では、まだ繁殖の気配もない。
 カモはやはりあまり多くない。でもミコアイサは多くて8ヶ所にいる。オナガガモ2ヶ所、ヨシガモ1ヶ所、オオバン21ヶ所、カンムリカイツブリ1ヶ所。ユリカモメが、4池にいて珍しい。といっても2ヶ所は6羽と1羽だけ。でも、残る2ヶ所は、古池41羽と大泉池80羽と、近年珍しいくらい多め。東大海池にツクシガモ1羽は珍しい。

 確認した鳥:ツクシガモ、ヒドリガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ、オオジュリン
2022年1月15日  JR明石駅〜明石港〜明石浦漁港〜明石川河口〜JR明石駅〜明石公園〜JR明石駅

 大阪鳥類研究グループの観察会。明石港でハッカチョウを観察。明石浦漁港でおこぼれ狙いのアオサギ、トビ、セグロカモメなどを観察。明石川河口でカモメ類とカモ類を観察。明石駅に戻って、いったん解散。その後、オプションで明石公園、とくに剛の池で水鳥を観察し、ユリカモメがねぐら入りするのを待つ。そして南の堀のねぐら入りしてるカワウとサギ類をチラッと見てから、明石駅南西のムクドリとハクセキレイの塒入りを観察。本当は駅前のハッカチョウの塒を狙ったのだけど、木が切られていていなかった。

・明石港〜明石浦漁港〜明石川
 確認した鳥:オカヨシガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カンムリカイツブリドバト、カワウ、アオサギ、オオバン、シロチドリ、ユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、ハッカチョウ、スズメ、ハクセキレイ

・明石公園
 観察した鳥: オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、ドバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、ハイタカ、カワセミ、コゲラ、ヒヨドリ、メジロ、シロハラ、ツグミ、ハクセキレイ
2022年1月14日  京都市伏見区:京阪観月橋駅〜(宇治川沿い)〜久御山町:久御山排水機場〜淀大橋〜大藤神社〜淀大橋〜(宇治川沿い)〜八幡市:御幸橋〜京阪石清水八幡宮駅

 京都府でのハッカチョウのセンサス調査、宇治川下流よりコースの20回目。今日も、上流側から一気に調査した。
 こっちもハッカチョウいない。こっちにもイワツバメが2群(7羽、13羽)。ノスリとハイタカとタカ類豊作。

 確認した鳥:オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ドバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、ノスリ、ハイタカ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、アオジ


2021年1月14日  宇治市:京阪宇治駅〜(宇治川沿い)〜京都市伏見区:京阪観月橋駅

 宇治川の上流側の新コースの15回目。
 ハッカチョウはいない。イワツバメは5群(18羽、6羽、18羽、10羽、18羽)もいて 、なんとツバメも1羽。カワアイサ4羽。でもヒドリガモいないなぁ。

 確認した鳥:オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、トビ、コゲラ、チョウゲンボウ、ハシブトガラス、シジュウカラ、イワツバメ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、アオジ

2022年1月7日  JR郡山駅〜郡界橋〜佐川急便奈良営業所〜平和小学校〜的場古池公園〜(菩提仙川沿い)〜番匠田中交差点・平和橋〜高瀬川橋〜(高瀬川沿い)〜高瀬川・佐保川合流〜(佐保川沿い)〜三郷橋〜近鉄平端駅

 大和郡山市の第2コースでのセンサス調査15回目。ハッカチョウいない。ムクドリとスズメはけっこう大きな群れであちこちにいる。
 ツグミがちょっと増えた。今日はクサシギが2回出現。
 途中に産直ができていた!

 確認した鳥:ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、ドバト、キジバト、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、ケリ、クサシギ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、 イソヒヨドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ
2022年1月6日  阪南市:箱作駅〜茶屋川河口・ピチピチビーチ・里海公園〜下荘漁港〜(海岸沿い)〜西鳥取漁港〜鳥取ノ荘駅

 半月後の行事の下見。鳥を見て、ビーチコーミングという企画。トイレは、里海公園と西鳥取漁港(カキ小屋)と海岸沿いに1ヶ所の計3ヶ所。昼食を里海公園でとって、午後からカキ小屋を目指して歩く感じになりそう。
 カモメ類がまったくおらず、鳥は少ない。メインはビーチコーミングになりそうな気配。サクラガイとマメウニが採れたら満足度は高そうな。あとは大阪府唯一のグンバイヒルガオを観察。アロエの花もあるし、マサキの実もなってる。海浜植物も枯れ残ってるし、意外と植物観察ができそう。

 確認した鳥:ヒドリガモ、カルガモ、ウミアイサ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、イソシギ、ミサゴ、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、イソヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、アオジ
2022年1月5日  高槻市:上牧駅〜淀川鵜殿〜上牧駅

 恒例の年始最初のジュニア自然史クラブの行事。寒かった。帰り道、地上でバタバタしてる鳥がいるというので見てみるとモズの雄。脚が何かに引っかかって飛べないのかな?と思って近付くと、飛び立って、近くのヨシにとまった。どういうこと?とバタバタしてた辺りに近付くと、地面にハタネズミがいた。フラフラしていて逃げない。瀕死っぽい。みんなで撮影して離れる。モズが確保したかな?それともハタネズミ復活したかな?

 確認した鳥:キジ、オカヨシガモ、カルガモ、コガモ、カンムリカイツブリ、ドバト、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、トビ、ノスリ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、アオジ、オオジュリン
 確認した哺乳類:カヤネズミ、ハタネズミ
和田の鳥小屋のTOPに戻る