カラーリングを付けたカワウ探し

カラーリング情報の募集 ・ カワウのカラーリング ・ 標識データ
場所ごとの標識個体確認情報 ・ 個体ごとの標識個体確認情報


調査を始めるきっかけ

 2001年4月に伊丹市昆陽池において、近畿地方で初めてカワウのヒナへの標識調査が行なわれました。その際、捕獲しなくても各個体の移動状況が追跡できるよう、脚にカラーリングが装着されました(ユリカモメと同様、京都市の須川恒さんが中心になって行なっている調査です)。その後、昆陽池以外に、琵琶湖の竹生島でも標識が行われています。
 そこで、例によって大阪鳥類研究グループで、勝手にカワウのカラーリング情報を集めて、カワウの移動状況を調べて楽しもうということになりました。もちろん集まった情報は須川さんにも報告します。というつもりでいたら、最初から須川さんの協力が得られ、近畿地方での捕獲データをはじめ観察されたカラーリング付きのカワウの情報をすべて掲載することになりました。


大阪鳥類研究グループのTOPに戻る


カラーリング情報の募集

1.とにかく色足環を付けているカワウを見つけて、記録事項を書いて、大阪市立自然史博物館の和田まで送る(E-mailでも可、wadat@mus-nh.city.osaka.jpまで)。
2.調査範囲は大阪府に限りません、他府県でも外国でも何でも大歓迎。
3.調査期間はとくに限定しません。

記録事項

 1.足環の色と文字(関西では青リングを付けていますが、他の地域では他の色を付けています)
 2.観察日、観察時間
 3.観察場所(できるだけ詳しく)
 4.観察者(足環を確認した人という意味です)


大阪鳥類研究グループのTOPに戻る


カワウのカラーリング

●カラーリングは、カワウの左脚の付け根の部分に付けられています。

●カラーリングは青色で、白文字で二文字が刻印されています。アルファベット叉はカタカナが胴体側、数字が足の先端側になって横に寝た文字になっています。
●近畿地方でカラーリングの装着が行われているのは、兵庫県伊丹市昆陽池滋賀県琵琶湖竹生島の2箇所。


大阪鳥類研究グループのTOPに戻る


標識データ

兵庫県伊丹市昆陽池 ・ 滋賀県琵琶湖竹生島

カラーリングは、上記の通り、すべて青色で白抜きの文字が刻印されています。

 ◆兵庫県伊丹市:昆陽池(とくに断りのない限り、巣内ヒナへの標識)
  【2001年】
   2001年4月3日:A8、C0、C1、C2、C3、C4、C5、C6、C7、C8、C9、
           E0、E1、E2、E3、E4、E5、E6、E7、E8、E9、
           F0、F1、F2、F3、F4、F5、F6、F7、F8、F9、
           G0、G1、G2、G3 (合計35羽)
   2001年4月17日:A9、G4、G5、G6、G7、G8、G9、H0 (合計8羽)
   2001年6月9日:H1、H2、H3(白化個体)、H4、H5、H6、H7、H8、H9、
           J0、J1、J2、J3、J4 (合計14羽)
   2001年7月3日:J5、J6、J7、J8 (合計4羽)
  【2002年】
   2002年3月22日:J9、K0、K1、K2、K3、K4、K5、K6、K7、K8、K9、
           L0、L1、L2、L3、L4、L5、L6、L7、L8、L9、M1 (合計22羽)
   2002年4月2日:M2、M3、M4、M5、M6、M7、M8、M9、
           N0、N1、N2、N3、N4、N5、N6、N7、N8、N9、
           P0、P1、P2 (合計21羽)
   2002年6月15日:P6、P7、P8、P9、R0、R1、R2、R3、R4、R5、R6 (合計11羽)
  【2003年】
   2003年4月19日:R7、R8、R9、S0、S1、S2、S3、S4、S5、S6、S7、S8、S9
           T0、T1、T2 (合計16羽:S1以下はカラーリングのみ)
   2003年6月21日:T3、T4、T5、T6、T7、T8、T9、W4、W5、W6、W7、W8、W9
           X0、X2、X3、X4、X5、X6、X7 (合計20羽)
   2003年7月12日:X1、X8、X9 (合計3羽)
  【2004年】
   2004年4月18日:Y0、Y1、Y2、Y3(♀)、Y4、Y5、Y6(♂)、Y7、Y8(♂)、Y9、
           Z0、Z1(♂)、Z2、Z3(♀)、Z4、Z5(♂)、Z6、Z8、Z9、
           AA(♀)、AB、AC(♀)、AE、AF(♂)、AG、AH、AJ、AK、AL、
           AM、AN、AP(♀)、AR(♂)、AS、AT、AU(♂)、AV(♂)、AW
             (合計38羽:Z7、AD、は使用せず)
   2004年6月12日:GA、GB、GC、GD、GE、GF、GG、GH、GJ、GK、GL、
           GM (合計12羽:GMのみ成鳥)
  【2005年】
   2005年5月7日:GN、GP、GR、GS、GT、GU、GV、GW、GX、GY、GZ、
           HB、HC、HD、HE、HF、HG (合計17羽)
   2005年5月22日:HJ、HK、HL、HM、HN、HP、HR、HS、HT、HU、HV、HW、HX、HZ、
            DZ、EB、ED、ES (合計18羽)
   2005年6月12日:DP、DU、EX、EY、FA、FB、FE、FJ、FL、FP、 FR、FM、FW、FZ、
            KZ、LA、LB、LC、LD、LE、 LF、LG、LH
             (合計23羽:LHのみ成鳥)
  【2006年】
   2006年5月20日:MJ、MK、ML、MM、MN、MP、MR、MS、MT、MU、MV、MW、
            MX、MY、MZ、NA (合計16羽)
   2006年7月1日:NB、NC、ND、NE、NF、NG、NH、NJ、NK、NL、NM、NN、
            NP、NR、NS、NT (合計16羽)
  【2007年】
   2007年4月4日:NU、NV、NW、ZL、ZM、ZN、ZR、ZS、ZT、ZU、ZV、ZW、
            ZX、ZY、ZZ
           1A、2A、3A、4A、5A、6A、7A、8A、9A、0A (合計25羽)
   2007年4月13日:2B、3B、4B、5B、6B、7B、8B、9B、0B、
           1C、2C、3C、4C、5C、6C、7C、8C、9C、0C、
           1D、2D、3D、4D、5D、6D、7D、8D、9D、0D、1E (合計30羽)
   2007年6月27日:2E、3E、4E、5E、6E、7E、8E、9E、0E、
           1F、2F、3F、4F、6F、7F、9F、0F、
           1G、2G、3G、4G、5G、6G、7G、8G、9G、0G、
            1H、2H、3H、4H (合計31羽)



青H3の個体:とても白いので、カラーリングを確認しなくても、水上や飛行中でも識別可能(放鳥後、観察者からついた愛称がアルビー)

 ◆滋賀県:琵琶湖竹生島 (とくに断りのない限り、巣内ヒナへの標識)
  【2001年】
   なし
  【2002年】
   2002年6月3日:P3、P4、P5 (合計3羽)
   2002年6月16日:U0、U1、U2、U3、U4、U5、U6、U7、U8、U9、V0 (合計11羽)
  【2003年】
   2003年6月14日:V1、V2、V4、V5、V7、V8、V9、W0、W1、W2、W3
             (合計11羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング)
  【2004年】
   2004年6月6日:BA、BB、BC、BD、BE、BF、BG、BH、BJ
             (合計9羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング)
   2004年6月10日:BK、BL、BM、BN、BP、BR、BS、BT、BU、BV、BW、BX、BY、BZ、CA
             (合計15羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング)
   2004年7月14日:CC、CD、CE、CF、CG、CH、CJ、CK、CL、CM、CN、
           CP、CR、CS、CT、CU、CV、CW、CX、CY
             (合計20羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング:CBは使用せず)
   2004年7月21日:CZ、DA、DB、DC、DD、DE、DH、DJ、DK、DM、DN、
           DS、DT、DW、DX、DY
             (合計16羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング
                  :DF、DG、DP、DR、DU、DVは使用せず、DLは後に使用)
   2004年7月28日:JA、JB、JC、JD、JE、JF、JG、JH、JJ、JK、JL、JM、JN、
           JP、JR、JT、JU、JV、JW、JX、JY、JZ
             (合計22羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング:JSは使用せず)
   2004年8月4日:KA、KB、KC、KD、KE、KF、KG、DL、
           EA、EC、EE、EG、EJ、EK、EL、EM、EN、EP、ER、EU
             (合計20羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング
                  :EB、ED、EF、EH、ES、ETは使用せず)
   2004年8月11日:EV、EW、EZ、FF、FG、FK、FN、FU、FV、
           KH、KJ、KK、KL、KM、KN
             (合計15羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング
                  :FA、FB、FC、FD、FE、FH、FJ、
                   FL、FM、FP、FR、FS、FTは使用せず)
   2004年8月21日:KP、KR、KS、KT、KU、KV、KW、KX、KY
             (合計9羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング)
  【2005年】
   2005年7月2日:LJ、LK、LL、LM(合計4羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング)
   2005年7月11日:LN、LP、LR、LS、LT、LU、LV、LW、LX、LY、LZ、MA、MB、MC
             (合計14羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング)
   2005年7月19日:MD、ME、MF、MG、MH、
           TA、TB、TC、TD、TE、TF、TG、TH、TJ、TK、
           TL、TM、TN、TP、TR、TS、TT、TU、TV、TW
             (合計25羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング)
   2005年7月29日:TX、TY、TZ、
           UA、UB、UC、UD、UE、UF、UG、UH、UJ、UK、
           UL、UM、UN、UP、UR、US、UT、UU、
           VB、VC、VD、VE、
             (合計25羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング)
   2005年8月3日:UV、UW、UX、UY、UZ、VA、VF、
           VH、VJ、VK、VL、VM、VN、VP、VR、VS、
             (合計16羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング)
   2005年8月20日:VG、VT、VU、VV、VW、VX、VY、VZ、SW、
           WA、WB、WC、WD、WE、WF、WG、WH、WJ、
             (合計18羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング)
  【2006年】
   2006年6月10日:SA、SB(合計2羽、育雛中の成鳥、右脚に金属リングと白色コイルリング2つ)
   2006年6月11日:SC、SE(合計2羽、育雛中の成鳥、右脚に金属リングと白色コイルリング2つ)
   2006年6月12日:SF(合計1羽、育雛中の成鳥、右脚に金属リングと白色コイルリング2つ)
   2006年7月1日:PA、PB、PD、PE、PF、PG、PH、PJ、PK、PL、PM、PN、
           PP、PR、PT、PU、PV、PW、PX、PY、
           RA、RB、RC、 RD、RE、RF、RG、RH、RJ、RL、RM、RN、
           RP、RR、RS(合計35羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング)
   2006年7月6日:RU、RV、RW、RX、RY、WS、WU、WV、WW、WX、WY、WZ、
           XA、XB、XC、XD、XE、XF、XG、XJ、XK、XL、XM、XN、
           XP、XR、XS、XT、XU、XV、XW、XX、XY、
           YA、YB、YC、YD、YE、YF、YG、YH、YJ、YK、YM、YN、
           YP、YT、YU、YW、YY(合計50羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング)
   2006年7月7日:YR、YS、YV、 YX、YZ、
           ZA、ZB、ZC、ZD、ZE、 ZF、ZG、ZH、ZJ、ZK
             (合計15羽、右脚に金属リングと黄色コイルリング)
  【2007年】
   2007年7月18日:5H、6H、7H、8H、9H、0H、1J、2J、3J、4J、5J (合計11羽)
   2007年7月20日:6J、7J、8J、9J、0J、
           1K、2K、3K、4K、5K、6K、7K、8K、9K、0K、
           1L、2L、3L、4L、5L、6L、8L、9L、0L、
           1M、2M、3M、6M、7M、8M、9M、0M (合計32羽)
   2007年7月25日:1N、2N、4N、5N、6N、7N、8N、9N、0N、
           1P、2P、3P、4P、5P、6P、7P、8P、9P、0P、
           1R、2R、3R、4R、5R、6R、7R、8R、9R、0R、
           1S、2S、3S、4S、5S、6S、7S、8S、9S (合計38羽)
   2007年8月1日:0S、1T、2T、3T、4T、5T、7T、8T、9T、0T、
           1U、2U、3U、4U、5U、6U、7U、8U、9U (合計19羽)


大阪鳥類研究グループのTOPに戻る