大 阪市立自然史博物館友の会
種子島(たねがしま)合宿
ニュー ス

更新:2010年1月26日

 大阪市立自然史博物館友の会では、種子島で自然観察の合宿を行う予定にしています。2010年1月に「下見の下見」をしてきました。

●種子島といえば
 種子島といえば、鉄砲伝来の地として知られる。「いっちょうごよさん、たねがしま=1543年、鉄砲伝来」というのは小学校の歴史の教科書にも出てく る。西之表の市街地には「鉄砲館」という博物館施設があり、鉄砲伝来のことや、自然科学分野の展示もあった。種子島は鉄砲をもらたしたポルトガルはもちろ ん、鉄砲 つながりで滋賀県長浜市や大阪府堺市とも交流関係にあるらしい。
 

鉄 砲館。 2010年1月では外装工事中。展示見学はできました。

 あと、種子島といえば、やはり宇宙センターである。ロケットの発射台が南部にあり、入館無料の展示施設もある。島内のビジネスホテルや民宿には、関係の 仕事の方々が宿泊されているようだ。打ち上げ前後だと、かなり込み合うらしい。また、打ち上げの見学に来るファンの方も少なくないようで、前後の飛行機も 予約でいっぱいになるほどだという。んん、打ち上げのようすというのも、確かにいっぺん見てみたいものである。


展示施 設。

茎永地区 から大崎射場を望む。発射は迫力あるんだろうなあと想像する。



●自然環境
 種子島は温暖な島である。西之表の7月平均気温で27.9 度、同1月で11.4 度で、大阪(各27.6度、4.4度)に比べると、特に冬の温暖さが顕著である。そのため、島の山々では真冬にも関わらず、常緑広葉樹林が広く繁ってい る。また、河口干潟にはメヒルギのマングローブ林も形成される。このマングローブ林は自然分布としては、国内最北となる。
 海岸部は手の入っていない自然な砂浜海岸が広がり、環境省のレッドデータに指定されるハンミョウ類などが多数、分布しているという。


北東部・ 湊のマングローブ林。

長浜海 岸。砂丘とも呼べる広大な自然海岸。

最南端の門倉岬からみた自然豊かな海岸線。右端あたりがロケット発射台 のあるエリア(竹崎)。



●植物
 針葉樹のマツの一種で、屋久島と種子島のみに分布するヤクタネゴヨウがある。天然林には行けなかったが、新空港近くの鴻之峯小学校の 校庭にあるヤクタネゴヨ ウを見てきた。マツそのものはともかく、この小学校は平屋の古い建物で、私たちの父母世代でもノスタルジーを感じさせるに違いない風情がある。


ヤクタネ ゴヨウ。

植栽のあ る鴻之峯小学校。西之表市指定の名木・古木。

 


●昆虫
 南西諸島最北の島で、亜熱帯の昆虫が豊富である。ツマベニチョウ(チョウ類)、クロイワツクツク(セミ)、オオテントウ(甲虫類)などが分布しているこ とが知られる。

クロイワ ツクツク。大隅半島が北限の亜熱帯のセミ。ツクツクボウシと同属。写真は屋久島にて(2006年9月)。鳴き声は「ゲー・ゲー・テケテケテ ケテケ」。

オオテン トウ。体長1センチを超える巨大テントウムシ。鹿児島本土産の写真。



●最北端・最南端・最高標高地
 最北は喜志鹿埼。天気がよければ、大隅半島南端の佐多岬が見えるというが、残念ながら望めず。一方、最南端は門倉岬。ポルトガル船はこのあたりに現れた らし く、鉄砲伝来の碑がある。

最北端の 喜志鹿埼。

最南端の 門倉岬。

 九州最高峰がある隣の屋久島と対称的に、種子島は平べったい島である。最高標高地はわずか282m。島の中央を縦貫する国道のすぐ脇で、頂上にはレー ダー施 設がある。

最高標高 地にあるレーダー施設。

西岸から 見た屋久島。頂上部は積雪が見られる。

 広い島ではあるが、車で走れば、最北端から最南端まで、2時間もあれば十分である。



●民俗
 わが国への稲作の伝来とも、強い関わりがあるといわれる種子島。ロケット関連施設に近い宝満神社の前にある赤米館に、現在も伝わる祭りなどがくわしく紹 介 されている。入館無料。 写真は撮り忘れた。



●プロ野球自主トレ
 温暖な気候を利用し、種子島はプロ野球選手の自主トレ地として選ばれている。ロッテの渡辺俊介選手、阪神の久保康友選手らである。自主トレ期間中の週末 には、中種子町内で少年たち向けの野球教室も開かれていた。
 久保投手は種子島にちなみ、2010年は「ロケット・ボール」で、直球勝負だそうだ。
 阪神がんばれ! 今年は期待してまっせぇ!


中種子町 役場。プロ野球選手らを町あげて歓迎している。

中種子町 営 野球場での野球教室のようす。



大阪市立自然史博物館友の会の「種 子島合宿」は、現在のところ、2010年8月6日(金)〜8日(日)に実施予定です。参加は友の会会員限定ですので、参加したい方はまず、友の会へご入会 ください。なお、定員に限りがありますので、参加希望多数の場合は抽選となります。

友の会のページ

しやけのドイツ箱へ戻る