セミ展2007準備のページ

 このペー ジでは、2007年7月7日から9月2日まで開催予定の特別展「世界一のセミ展」の準備風景を実況中継いたします!
 

目 次
●巨大セミ行灯(2月5日)
●ネイチャーホールの配置換え(5月10日)
●大阪市立中央図書館でのプレ展示(5月18日)
●若齢幼虫ビデオ撮影(5月19日)
●和風建築、大移動!(5月25日)

●和風建築、ついに ネイチャーホールへ(5月26日)
●セミのかぶりもの、製作中(5月26日)
●セミのかぶりもの、デビューへ(5月 29日)
●淋しそうな和風建築(6月1日)
●セミ幼虫拡大模型、製作進行中(6月5日)
●ケース設置(6月6 日
●セミのハンカチ王子(6月8 日
●セミ図鑑、進行中(6月9 日
●おたすけボックス、写真公開(6月 10日)
●シラカシの木を搬入(6 月12日)
●シラカシの木を立てる(6月14日)
●なぞの古いテレビ(6月16日)
● 大型プリンター稼働開始(6月20日)
● セミセミ戦隊、出動!(6月22日)
●幟(のぼり)を設置!(6月24日)
●セミ幼虫拡大模型、製作進行中(その2)(6月25 日)
● 世界セミ図鑑、校了へ(6月26日)
● ワークショップ会場のようす(6月27日)
● 標本が並びはじめた(6月28日)
● ニューヨークのセミ、上海のセミ(6月30日)
● セミの行方(7月1日)
● ヒメハルシアター、仕上げへ(7月3日)
● 看板類の吊り下げ(7月5日)

●巨大セミ行灯(2月5日)

 奈良県 橿原市の橿原市昆虫館で製作された巨大セミ行灯。終了後に大阪市立自然史博物館で譲り受け、夏の特別展で展示させてもらうことになりました。その運搬風 景。重さそのものは非常に軽いが、高さ4メートルと巨大なため、4トントラックを出すことになりました。
e
 セミ行灯については、こちら。
http://www.nara-np.co.jp/n_all/070112/all070112a.shtml

●ネイチャーホールの配置換え(5月10日)
 ネイチャーホールはGWの野田藤展が終了し、すぐに撤収。ネイチャーホールの大きな壁を動かしました。

 展示室 のレイアウト図面に従って、壁の移動中。重い壁だが、レールがあるので、動かすのは簡単。

 なぞの 空間? さてここには何ができるのか?


●大阪市立中央図書館でのプレ展示(5月 18日)

中央図書 館でプレ展示を開催中です。

5月19 日から6月7日まで。6月3日午後には初宿がセミのお話をします(■予定変 更:当日の展示解説は行いません■)。

図書館でのイベントについて、詳しくはこちら。
http://www.oml.city.osaka.jp/topics/shizenshi2007.html


●若齢幼虫ビデオ撮影(5月19日)

 展示の 中で紹介するビデオの撮影をしました。ロケ場所は遠くありません。長居公園内・博物館の裏手。スコップで掘り出して間もなく、3齢幼虫を発見。さすが、世 界一セミのやかましい大阪! セミの密度は半端じゃない!

●和風建築、大移動!(5月25日)

 奈良県 内 某 所から無料でいただいた通称「和風建築」を運搬しました。業者に頼む予算がないので、レンタカーの4トントラックを使って、自力で運搬。荷台に載った様子 は、んん・・・、何か異様。

 荷解き を開始。

 エレ ベーターには載らない大きさなので、クレーンでいきなり2階へ上げましょう、ということに。
 クレーンの使用はテイラノザウルス「SUE」以来です。

 ロープ でしばって2階へ吊り上げはじめたところ。

 吊り上 がったところで、クレーンを水平へ移動させる。

 いよい よネイチャーホールの扉までやってきた。

 無事に 到着。準備していた台車の車輪の故障が見つかり、今日はここまでで終了。

●よくあるご質問;これとセミと、何が関係あるの?
●答え:それは展示会に来ての、お楽しみ!

●和風建築、ついにネイチャーホー ルへ(5月26日)

段差があ るので、館長以下、学芸員がみんなでかついで搬入。

台車があ るから、あとの運搬は楽チン。


●セミのかぶりもの、製作中(5月 26日)

セミのか ぶりもの、製作中(Kさん、ありがとう)

サイズ合 わせ中。モデルさんは、なかなかのイケメン。

んん、イ ケメンがかぶると、どんなものでも、似合うねえ。素敵なセミかぶりもの、どうぞ、お楽しみに!


●セミのかぶりもの、デビューへ(5月 29日)
セミかぶ りもの、ついに色がついた。すごいリアルな感じ。実物を見たい方は6月3日(日)の橿原昆虫館・虫祭り2007へGO!。この写真のイケメン学芸員ではな く、世界一かぶりものの似合う学芸員が、大阪市立自然史博物館ブースでお 迎えします!

橿原昆虫館・虫祭りについてはこちら
http://www.city.kashihara.nara.jp/insect/event.html

●淋しそうな和風建築(6月1日)
清掃のた め、ネイチャーホールはいったん片づけ。

心なしか 寂しそうな和風建築。
でも来月は賑やかな中での大仕事が待っています。

●セミ幼虫拡大模型、製作進行中(6月5 日)

京都の某 模型製作所にて。これはクマゼミ4齢。

こちらは クマゼミ5齢。当日、どんな演出で展示されるのかは、お楽しみに。

●ケース設置(6月6 日)

和風建 築、定位置へ。

ケース類 も入った。

●セミのハンカチ王子(6月8 日)

 製作中 のセミのハンカチ(ミニタオル)、色見本が来ました。こちらは初宿のデザイン。アブラゼミの翅の模様をモチーフにしています。
 もう1種類は幼虫のかわいい系デザイン(Kさんデザイン)。
 どっちを選ぶかは「自由だ〜」。ハンカチisフリーダム。


●セミ図鑑、進行中(6月9 日)
進行して いる。進捗程度は別として・・・。嗚呼・・・。

●おたすけボックス、写真公開(6月10 日)

 友の会 会員さんはご存じの「おたすけボックス」(月刊誌郵送の封筒裏にN澤さん作の漫画があります)。分布図作成の指示ファイルが入っている。
 シルエットは2005年「なにわのナチュラリスト」展で「夏休みの自由研究、どうしようかなあ」とつぶやいていた女の子。モデルはイケメン学芸員の娘で す(ホントに)。

●シラカシの木を搬入(6月12日)

橿原で (こちらも無料で)も らってきたシラカシの木を搬入しました。クレーンを使ったのはテイラノザウルス「SUE」の後の「和風建築」以来(こないだやんけ〜)。今回は晴れてよ かったなあ。

●シラカシの木を立てる(6月14日)

おととい 引き上げたシラカシの木を、みんなで力を合わせて立てました。

おおっ、 ここはどこの社寺林だ? 今にもセミの声が聞こえてきそう。

●なぞの古いテレビ(6月16日)

 これは セミ展と関係があるのかないのか、それさえもわからない。
 1970年ごろと、何か関係があるのかも?


● 大型プリンター稼働開始(6月20日)

 予算が 無いので、背景・パネルな どの打ち出しは大型プリンターで行っています。さて、問1:これらはどこの街でしょうか。問2:街には何ゼミが多くすんでいる?

 巨大セ ミ行灯も、いよいよネイチャーホールへご入場。試験点灯した平面ケース上に置いてみると、さすがに行灯、美しい・・・!


● セミセミ戦隊、出動!(6月22日)

 今回の 特別展は新キャラ=セミセミ戦隊「やかま四
各展示コーナーの導入部分にマンガで使われています。
・セミセミ戦隊1号:クマゼミ
・おなじく2号:アブラゼミ
・姫春姫:ヒメハルゼミ
・にいにい:ニイニイゼミ
 4匹、力を合わせて、天敵どもと戦うのだ〜。


● 幟(のぼり)を設置!(6月24日)

 長居公 園内に黄色い幟(のぼり)がたくさん立ちました。長居公園はセミムードでいっぱい!
 左端の白い建築物は長居スタジアム。

●セミ幼虫拡大模型、製作進行中(その 2)(6月25 日)


こんな感 じです。いよいよ仕上げ!(京都の模型製作所にて)


● 世界セミ図鑑、校了へ(6月26日)


何とか形 になってきた・・・。最後のチェックをして、急いで印刷にかかってもらいます。B6版128ページ(約半分はカラープレート)。1,000円にてミュージ アムショップで販売予定です(7月7日から)。

● ワークショップ会場のようす(6月27日)


ワーク ショップの会場です。ちゃくちゃくと準備が進んでいます。


● 標本が並びはじめた(6月28日)

標本が並 んできました。手前はアカバネゼミ(アフガニスタン)。全身が真っ赤な、不思議なセミです。


● ニューヨークのセミ、上海のセミ(6月30日)

ニュー ヨークのセミ、上海のセミ。

札幌のセ ミ、福岡のセミ。

● セミの行方(7月1日)

2004- 05年に行ったセミの行方調査。あなたが印をつけたセミが展示されているかも。

● ヒメハルシアター、仕上げへ(7月3日)

自ら組ん だ木枠の土台に黒の上質紙を貼り、スプレー糊をふけつけるT学芸員。

その上 に、長居植物園でもらってきた枯葉を撒く植物担当N学芸員。手作りだねえ。

地中ジオ ラマも、模型以外はすべて、もちろん手作り。

● 看板類の吊り下げ(7月5日)
セミ行灯 とタイトルバナーも吊り下げた。あと残っている作業は何だっけ?

展示会のご案内はこちら。
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/tokuten/2007semi/