since 1. Jan. 2018

外来昆虫(甲虫目/半翅目)の分布拡大を調べています


 大阪市立自然史博物館では2019年度に外来生物をテーマにした特別展を予定しています。昆虫類のうち、担当している甲虫目・半翅目 について情報を集めていますので、どうぞご協力お願いいたします。 発見情報ありましたら、大阪市立自然史博物館・学芸員・初宿(shiyake@mus-nh.city.osaka.jp)へお寄せください。今回の場合は、写真でも同定確認が可能と考えていますから、ぜひ撮影&添付もお願いします。下記のグーグルマップに追加する形で公表していきます。
 最終的なまとめ(紙媒体)では、オリジナルのご発見を「引用」したいので、できればそれまでの間にどこかに出してください。

項目 内容  公表/非公表 
発見場所  できるだけくわしく。緯度経度もあればよい。  公表 
日時 ●年●月●日 公表
お名前 ●山●彦 ネット上は非公表
(※報文では原則公表) 
写真または標本  得るようにしてください。  非公表(確認用) 
※既知市区町村の情報でもかまいません。分布拡大と増加が実感できると思うので。
くわしい情報はそれぞれの種名をクリックしてください。

<甲虫目 Coleoptera>


種名 ムネアカオオ
クロテントウ
タテスジヒメ
ジンガサハムシ
モンクチビルテントウ 準備中 ヨツモンカメノコハムシ
科名
テントウムシ科
Coccinellidae
ハムシ科
Chrysomelidae
テントウムシ科
Coccinellidae

準備中
ハムシ科
Chrysomelidae
写真
準備中
準備中
原産地
中国南部・台湾
南西諸島〜東南アジア
準備中
準備中
南西諸島〜東南アジア
本州での
初発見
2015年
2012年
準備中
準備中
2008年
現在の
国内分布
大阪府・奈良県・和歌山県・京都府・東京都・神奈川県・群馬県
大阪府・南西諸島
準備中
準備中
本州(神奈川、静岡、三重、大阪、山口)・四国・九州・南西諸島

その他(オリジナルサイト準備中):ユーカリハムシ フェモラータモモブトハムシ ブタクサハムシ フタモンテントウ クモガタテントウ
その他(国環研サイトへ):クビアカツヤカミキリ ラミーカミキリ イネミズゾウムシ

外来甲虫類全種リスト(国環研)

<半翅目 Hemioptera>


種名
ベニシタハゴロモ
オオシラホシハゴロモ
クスベニヒラタカスミカメムシ
タケオオツクツク
準備中
写真
準備中
準備中

日本昆虫分類学会より
準備中
原産地
準備中
準備中
中国
中国
準備中
現在の
国内分布
準備中
準備中
関西
埼玉県
準備中
その他(オリジナルサイト準備中):スジアカクマゼミ
その他(国環研サイトへ): ヨコヅナサシガメ

その他(カメムシ研究会のサイトへ):マツヘリカメムシ・アトジロサシガメ・クスベニヒラタカスミカメムシ・アシビロヘリカメムシ
 
外来類全種リスト(ただし甲虫・鱗翅は別ページ)(国環研)

※この調査はJSPS科研費(JP17H02027「博物館をコアとした外来生物の市民調査、その生物多様性理解の促進効果の評価」)により実施しています。


「しやけのドイツ箱」へ戻る

大阪市立自然史博物館へ
Osaka Museum of Natural History