インターネット

ハムシ図鑑
Chrysomelidae of Osaka

The Leaf Beetle Page
on
INTERNET

 大阪付近で見られるハムシを,調べやすいようにページを作っていきたいと思います.

1.ハムシの種類からしらべる

 亜科中のリスト

 種名リスト

2.植物からしらべる


1.ハムシの種類からしらべる

亜科別さくいん:現在は20種のみ収録しています

モモブトハムシ亜科

クビナガハムシ亜科

ツツハムシ亜科

コブハムシ亜科

サルハムシ亜科

ハムシ亜科
ヒゲナガハムシ亜科 ノミハムシ亜科 トゲハムシ亜科
(制作中)

ルイスクビナガハムシ

ルリクビボソハムシ

クロオビツツハムシ

ヨツモンクロツツハムシ

(制作中) (制作中)

コガタルリハムシ

ズクロキハムシ

ドロノキハムシ

ハッカハムシ

ヤナギハムシ

ルリハムシ

イタドリハムシ

エノキハムシ

キクビアオハムシ

ムナグロツヤハムシ

アカイロマルノミハムシ クロルリトゲハムシ

カタビロハムシ亜科
ツヤハムシ亜科 カメノコハムシ亜科
(制作中) ドウガネツヤハムシ

コガタカメノコハムシ

ジンガサハムシ

ヒメジンガサハムシ

ヒメカメノコハムシ

ホソハムシ亜科
カバノキハムシ

ハムシ全体のさくいん(50音順)

<あ行>

アカイロマルノミハムシ

イタドリハムシ

エノキハムシ


<か行>

キクビアオハムシ

クロオビツツハムシ

クロルリトゲハムシ

コガタカメノコハムシ

コガタルリハムシ


<さ行>

ジンガサハムシ

ズクロキハムシ

<た行>

ドウガネツヤハムシ

ドロノキハムシ


<な行>


<は行>

ハッカハムシ

ヒメカメノコハムシ

ヒメジンガサハムシ


<ま行>

ムナグロツヤハムシ

<や行>

ヤナギハムシ

ヨツモンクロツツハムシ


<ら行>

ルイスクビナガハムシ

ルリハムシ

ルリクビボソハムシ


<わ行>


各種の説明の見方

●生息環境 おもに標高により,平野/丘陵/山間部/山地.その他,都市部,草地,河川敷などの表現も用いている.

●珍奇度 よく見られる順に,きわめて普通,わりと普通,少ない,まれ.その他,(大阪府)未記録,情報不足などで,表現している.


<モモブトハムシ亜科>

(制作中)


<カタビロハムシ亜科>

(制作中)


<クビナガハムシ亜科>

ルイスクビナガハムシ Lilioceris lewisii

体長:6.0-6.9mm.

似ている種類:赤地に3本のくっきりとしたスジ(東日本ではやや薄い)は似ている種類はありません.

大阪府での記録:大阪府では未記録です.

生息環境:高山にすむと思われます.

食草:マイヅルソウ,ナルコユリ,ミヤマナルコユリ

稀少度:未記録.

ルリクビボソハムシ Lema cirsicola

体長:5.5-6.2mm.

似ている種類.ヤマイモハムシ,キバラクビボソハムシなどが似ています.絵解き検索は制作中です.

大阪府での記録:金剛山など.

生息環境:山地.

食草:アザミ類.

珍奇度:少ない.

ページのトップへもどる


<ナガツツハムシ亜科>

(制作中)


<ツツハムシ亜科>

クロオビツツハムシ Physosmaragdina nigrifrons

体長:4.8-5.5mm.

似ている種類:赤と黒のもようは,似ている種類はありません.

大阪府での記録:大阪府では未記録でしたが、大和葛城山で2007年に見つかりました(Nature Study 53巻12号)。その後金剛山などでも見つかっているそうで、情報提供ありがとうございました。

生息環境:草地にすむと思われます.九州などでは平地によく見られます.

食草:ススキ.

稀少度:未記録.

ヨツモンクロツツハムシ Cryptocephalus nobilis

体長:4.8-6.0mm.

似ている種類:黒地に黄色の4紋のもようは,似ている種類はありません.

大阪府での記録:箕面,河内長野市河合寺.

生息環境:丘陵地から山間部?

食草:カシワ,コナラ,ウワミズザクラ.

稀少度:少ない.

ページのトップへもどる


<コブハムシ亜科>

(制作中)


<ツヤハムシ亜科>

ドウガネツヤハムシ Oomorphoides cupreatus

体長:2.8-3.3mm.

似ている種類:アオグロツヤハムシが似ています(寄主植物も同じ)が,こちらの種のほうが一般的にやや小さく,光沢が強い.厳密に区別する場合は図鑑などの記載を参考にしてください.大阪では本種のほうが多いように思われます.

大阪府での記録:豊能町初谷,富田林市金胎寺山など.

生息環境:おもに山間部から山地.

食草:タラノキ

稀少度:ごく普通.


<サルハムシ亜科>

(制作中)


<ホソハムシ亜科>

(制作中)


<ハムシ亜科>

コガタルリハムシ Gastrophysa atrocynea

体長:5.2-5.8mm.

似ている種類.ヨモギハムシなど.

大阪府での記録:高槻市(鵜殿,上牧)など.

生息環境:都市部,河川敷に多い.たくさんの幼虫がついて,穴だらけのギシギシがしばしば見られる.

食草:ギシギシ

珍奇度:ごく普通.

ヤナギハムシ Chrysomela vigintipunctata

体長:6.8-8.5mm.

似ている種類.特徴ある模様で,似ている種類はありません.

大阪府での記録:枚方市楠葉淀川,島本町桂川,河内長野市加賀田など.

生息環境:大きな川の河川敷,山間の川沿いに見られるが,多くない.

食草:ヤナギ類.

珍奇度:少ない.

ルリハムシ Linaeidea aenea

体長:6.8-8.2mm.

似ている種類.緑色のきわめて美しい光沢があります.ヨモギハムシなどと区別しましょう.

大阪府での記録:金剛山(山頂部),和泉葛城山など.

生息環境:山地.

食草:ヤマハンノキ類.

珍奇度:少ない.

ズクロキハムシ Gastrolinoides japonicus

体長:5.6-6.2mm.

似ている種類:ハムシ亜科の中では,平べったい体と頭部が黒いこと,多種と区別できます.

大阪府での記録:豊能町初谷,岩湧山,金剛山など.

生息環境:山間部から山地.

食草:イヌシデ,トサミズキ.

稀少度:わりと普通.

ドロノキハムシ Chrysolina populi

体長:10-12mm.

似ている種類:大型で真っ赤なハネが特徴です.

大阪府での記録:高槻市二料,岩湧山頂など.

生息環境:山間部から山地.河川敷にも見られる.

食草:ヤナギ類,ヤマナラシ,ハコヤナギ,ドロノキ.

稀少度:少ない.

ハッカハムシ Chrysolina virgata

体長:7.5-9.0mm.

似ている種類:大型で,ヨモギハムシには欠く上翅の点刻が特徴です.

大阪府での記録:箕面市下止々呂美,枚方市淀川.

生息環境:山間部と大きな川の河川敷や湿地に見られる.

食草:ハッカ,アオジソ,ホトケノザ,シロネ.

稀少度:少ない.

ページのトップへもどる


<ヒゲナガハムシ亜科>

エノキハムシ Pyrrhalta tibialis

体長:7.5-8.0mm.

似ている種類:ケブカハムシ類(Pyrrhalta属)の他種とは,生きているときには鮮やかな黄色であることで区別できます.ウリハムシなどにもやや似ているかもしれません.

大阪府での記録:妙見山.

生息環境:山地? 琵琶湖岸ではしばしば見られる.

食草:エノキ

稀少度:まれ

キクビアオハムシ Agelasa nigriceps

体長:5.8-7.8mm.

似ている種類:緑色光沢の上翅とオレンジの前胸背板で,似ている種類はありません.

大阪府での記録:高槻市二料,金剛山など.

生息環境:山間部から山地.

食草:サルナシ

稀少度:わりと普通.

ムナグロツヤハムシ Arthrotus niger

体長:4.5-5.8mm.

似ている種類:体色に変異が大きく,種の同定は慣れないと難しい.

大阪府での記録:豊能町初谷,茨木市忍頂寺,金剛山など.

生息環境:丘陵地,山間部から山地.

食草:ハンノキ,クワ,イタヤカエデ,ヤナギ,キイチゴ,バラなど,多種多様.

稀少度:ごく普通.

イタドリハムシ Gallerucida bifasciata

体長:7.5-9.5mm.

似ている種類:ヨツキボシハムシ(珍種)に似ていますが,本種のほうが普通です.テントウムシのようなもようがあり,とても目立ちます.

大阪府での記録:豊能町初谷,箕面,枚岡公園,金剛山など.

生息環境:丘陵部〜山間部〜山地.

食草:イタドリ,スイバ,ギシギシ

稀少度:ごく普通.


<ノミハムシ亜科>

アカイロマルノミハムシArgopus punctipennis

体長:3.2-3.8mm.

似ている種類.キイロマルノミハムシなど.

大阪府での記録(館蔵標本などから):川西市笹部,金剛山ほか

生息環境:山間部から山地

食草:アザミ類.

珍奇度:情報不足.

ページのトップへもどる


<トゲハムシ亜科>

クロルリトゲハムシ Rhdinosa nigrocyneai

体長:4.2-4.5mm.

似ている種類:クロトゲハムシと似ていますが,本種はトゲが長いことで区別できます.

大阪府での記録:大阪府では未記録です.

生息環境:標高のある山上の草原.

食草:ススキ.


<カメノコハムシ亜科>

(カメノコハムシ亜科絵とき検索はこちら

コガタカメノコハムシ Cassida vespertina

体長:4.7-6.7mm.

似ている種類:ルイスジンガサハムシが似ています.(絵とき検索はこちら

大阪府での記録:豊能町初谷,箕面,金剛山など.

生息環境:山間部から山地.

食草:ボタンヅル

稀少度:わりと普通.

ジンガサハムシ Aspidomorpha indica

体長:7.2-8.2mm.

似ている種類:スキバジンガサに似ていますが,体長がやや大きいことと,小楯板の後方部がやや出っ張ることで区別できます(絵とき検索はこちら).大阪ではスキバのほうが多く,本種はあまり見られません.

大阪府での記録:豊能町初谷,箕面,枚岡公園,金剛山など.

生息環境:丘陵部〜山間部の草地.

食草:ヒルガオ.

稀少度:少ない.大阪府は情報不足.

ヒメジンガサハムシ Cassida fuscorufa

体長:5.5-6.2mm.

似ている種類:カメノコハムシに似ていますが,黒い小紋がないことで区別できます(絵とき検索はこちら).

大阪府での記録:箕面,川西市など.

生息環境:丘陵部〜山間部の草地?.

食草:ヨモギ.

稀少度:少ない.

ヒメカメノコハムシ Cassida piperata

体長:5.0-5.5mm.

似ている種類:ヒメジンガサハムシ,セモンジンガサハムシなどが似ています.大阪ではカメノコハムシ亜科の中では最も普通.(絵とき検索はこちら

大阪府での記録:■など.

生息環境:都市部を含む平地から山地まで,広く分布する.

食草:イノコヅチ,イヌビユ,アカザ,ヒユなど.

稀少度:ごく普通.

ページのトップへもどる


2.植物から調べる
(制作中)

ギシギシ Rumex japonicus タデ科ギシギシ属

サルナシ Actinnidia arguta ツヅラフジ科マタタビ属

タラノキ Aralia elata ウコギ科タラノキ属

ボタンヅル Clematis apiifolia キンポウゲ科センニンソウ属

サルナシ
Actinnidia arguta

ツヅラフジ科マタタビ属

落葉藤本.

低山地の林内に生える.

東アジアに分布.

キクビアオハムシ

ボタンヅル
Clematis apiifolia

キンポウゲ科センニンソウ属

つる性.

低地の林縁に生える.

本州から九州に分布.

コガタカメノコハムシ

タラノキ
Aralia elata

ウコギ科タラノキ属

落葉低木.

低地の二次林に生える.

北海道から九州に分布.

ドウガネツヤハムシ

ギシギシ
Rumex japonicus

タデ科ギシギシ属

草本.

原野に生える.

日本全土に分布.

コガタルリハムシイタドリハムシなど.

ページのトップへもどる