ボタンウキクサ
 別名:ウォーターレタス 学名:Pistia stratiotes L.

緑の侵略者、ボタンウキクサはどこからやってくるのか?

 ボタンウキクサは南アフリカ原産といわれ、寒さに弱いことから日本では冬には枯れてしまいます。しかし、一部の湧水や工場などからの温排水が流れ込み、冬も水温がそれほど下がらない場所では枯れずに冬を越すことが知られています。淀川でも、大繁茂している下流部では冬には枯れてしまいます。そのため、夏から秋に繁茂しているものの中には種子から発芽して成長したものに加えて、上流から株が流れてきて、淀川下流部で大繁殖が起こっていると考えられています。今回の調査で秋に分布を押さえて、冬から春先に同じ場所を再調査することによって、ボタンウキクサの越冬場所を明らかにできることが期待されます。既に、京都市の木幡池が越冬場所であることが分かっていますが、本当に他には無いのでしょうか?また、明らかになった越冬場所を駆除することで下流部の繁茂を抑制することができるかもしれません。

 ボタンウキクサを見つけたら、下記の要領で自然史博物館の志賀(shiga@mus-nh.city.osaka.jp)まで是非ご連絡下さい。


見つけ方・見分け方

順番に、ボタンウキクサ(1枚目)。ボタンウキクサの矮小個体(2枚目)、もっと小さい浮草はアオウキクサ。遠くから見たボタンウキクサ(3枚目,城北ワンドを菅原城北大橋から撮影)。手前の黄緑色をしているものがボタンウキクサのかたまりです。

●見つけ方
 川、水路、ため池の周りをひたすら歩きます。慣れてくれば、双眼鏡で確認することも可能です。遠くから水面を見て、黄緑色の植物が見えたら、まずボタンウキクサでしょう。

見分け方
 別名にウォーターレタスとあるように、ぱっと見るとレタスが水の上に浮いているように見えます(ボタンウキクサは食べれません!)。葉っぱには毛がビロード状に生えていて、さわり心地がよいです。根を土に張らずに水に浮く植物の中で、似たものは他にはないので、まず間違えることはないでしょう。
 ただ、矮小株は大きな株とはだいぶ感じが異なります(2枚目の写真)。ですが、他のウキクサ類に比べると相当大きいので、これも区別することが可能でしょう。心配な場合は株を裏返しにしてください。もしウキクサやアオウキクサなどのウキクサ科の仲間の場合はそれぞれの葉(葉状体と呼びます)の真ん中から根が出ていまが、ボタンウキクサはそのようなことはありません。


情報提供のしかた

●情報の募集
 多くの方のご協力をお願いしたいと思います。ボタンウキクサを見つけたら、ぜひ以下の項目の情報をお寄せ下さい。
 ボタンウキクサは特定外来生物に指定されている植物です。博物館へは生の植物ではなく、写真をお送り下さい(特定外来生物の項参照)

★調査対象範囲
 ・琵琶湖以下の淀川水系全域(本流と全ての支流、水路)
 ・淀川水系周辺のため池
 ・ペットショップ、ホームセンター等
 ※本流は鳥飼仁和寺大橋より上流部の情報を募集します。

★情報の送り先
 大阪市立自然史博物館の志賀までお願いします。
 ・電子メールの場合・・・shiga@mus-nh.city.osaka.jp
 ・お手紙の場合・・・〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 大阪市立自然史博物館 志賀宛

★以下の項目をお知らせ下さい
 ・採集(観察)者名
 ・採集(観察)日時
 ・採集(観察)場所
(できるだけ詳しく)
 ・株の状態(流れているのか、流れのよどみに浮いているのか)
 ・論文化する際の名前の公表の可否
(情報提供者一覧としてお名前を載せます。個々のどの情報の観察者かは公表しません)
 ・その他気付いたこと
  (例えば、何日くらいから流れ始めている、何年前から見るようになったか、大まかな株の数や根元の葉一枚のおおまかなサイズ(5cm刻み))
 ・写真(メールの場合は携帯で撮影した写真でも問題ありません)

●データの取り扱い
 頂いた情報は、HPで公表し、現在調査を進めているプロジェクトY:淀川水系調査グループの調査結果に盛り込みます。

●特定外来生物について
 特定外来生物とは他の地域から移された移入種のうち、生態系等への被害を及ぼすものとして、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(通称、外来生物法、2004年公布、翌年施行)で指定される海外起源の外来生物のことです。飼育、栽培、保管又は運搬、譲渡、輸入、野外への放出などが禁止されています。


調査の進捗状況 2008年5月29日改訂

ボタンウキクサに関しては本流は鵜殿以下は点々と分布し、点野より下流は秋には、ほぼ帯状に分布しています。
本流の分布状況はほぼ明らかになってきましたが、支流や山手での分布が手薄です。
山手のため池でボタンウキクサを見つけたら是非ご一報下さい。
また、越冬地の情報をお持ちでしたら、こちらも情報をお寄せ下さい。
「近くのホームセンターで売られていた!」という情報もお待ちしています。


 図:ボタンウキクサの確認地点。


プロジェクトY植物班のトップに戻る