友の会読書サークルBooks

本の紹介「ずかん落ち葉の下の生きものとそのなかま」

「ずかん落ち葉の下の生きものとそのなかま」ミミズクラブ文・皆越ようせい写真、技術評論社、2013年5月、ISBN978-4-7741-5691-0、2680円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【冨永則子 20140404】
●「ずかん落ち葉の下の生きものとそのなかま」ミミズクラブ文・皆越ようせい写真、技術評論社

 ウヘェ〜、気持ち悪いよ〜!ミミズをはじめ、ナメクジ、ムカデ、ダニ、ハサミムシたちが「やわらかいもの」「あしがたくさんあるもの」「あしが6本のもの」と、その形態ごとに集められている。写真の艶々した光沢が生々しくて、気持ち悪さを倍増してくれるが、説明文や豆知識として載せられている情報は「へぇー、そんなんや!」と思わず読み込んでしまう。学名や専門用語も使われていて、子ども向けの単なる図鑑ではなく、百科事典的な情報も得ることができる。総ルビ仕様なのも良い。
 身近に存在するのに知らないというか、あんまり知りたくなかった生き物たちの暮らしぶりを知ることで、次に出会った時、少しぐらいは冷静に見られるかな?

 お薦め度:★★★  対象:気持ち悪い生きものが好きな人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]