友の会読書サークルBooks

本の紹介「図解・プレートテクトニクス入門」

「図解・プレートテクトニクス入門 なぜ動くのか? 原理から学ぶ地球のからくり」木村学・大木勇人著、講談社ブルーバックス、2013年9月、ISBN978-4-06-257834-9、860円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20140221】
●「図解・プレートテクトニクス入門」木村学・大木勇人著、講談社ブルーバックス

 プレートテクトニクスを紹介した一般書は数あれど、その力学的視点のみで書かれた本は見たことがない。もちろんプレート論にいたる歴史的な経緯や岩石の化学的な性質も書かれているけど、それも力学的な説明をするための前ふり。岩石であるプレートなぜ動いたり曲がったりする? プレートが動く原理は? 沈み込むプレートのそばになぜ高い山がある? 地震はどんな場所で、どんな種類の地震が起こる? などなど、帯にあるようにプレート運動に関わる「そもそも」がよくわかる。中学生にはさすがに難しいだろうけど、プレートテクトニクスを知るには必読です。

 お薦め度:★★★★  対象:高校生以上で地球の仕組みを知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]