友の会読書サークルBooks

本の紹介「図解・感覚器の進化」

「図解・感覚器の進化」岩堀修明著、講談社ブルーバックス、2011年1月、ISBN978-4-06-257712-0、980円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20141214】
●「図解・感覚器の進化」岩堀修明著、講談社ブルーバックス

 よく“5感”というけれど、本書では視覚、味覚、嗅覚、平衡・聴覚、および体性感覚の6感として扱っている。平衡覚と聴覚とをいっしょに説明しているのは、これらが構造的に同じ「膜迷路」という受容器で感知されるからで、当初平衡覚を司る器官であった膜迷路が、後に聴覚の機能を獲得したことを教えられた。耳慣れない体性感覚とは、皮膚感覚と固有感覚とを合わせた感覚で、触覚は皮膚感覚の一部に過ぎないらしい。固有感覚とは、筋肉や関節の動きによって生じる感覚で、無意識な体のバランス調節を担っているのだそうだ。最後に、とても奇妙かつ急速に進化を遂げたクジラ類の感覚器について触れている。進化の可能性について考えさせられる1章である。「内臓の進化」同様、進化的観点から、様々な動物の感覚器の発達がわかりやすく解説されている。

 お薦め度:★★★  対象:進化に関心のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]