友の会読書サークルBooks

本の紹介「ゾウがいた、ワニもいた琵琶湖のほとり」

「ゾウがいた、ワニもいた琵琶湖のほとり」高橋啓一著、サンライズ出版、2016年8月、ISBN978-4-88325-597-9、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20161216】
●「ゾウがいた、ワニもいた琵琶湖のほとり」高橋啓一著、サンライズ出版

 琵琶湖の誕生した時代から現在に至る歴史順に、ゾウを中心にどのような生物の変遷があったのか解説した書。新しい研究方法や地域の住民を取り込んだ活動の様子が記されている。多くの写真が使用されており、個々の情報についてはわかりやすいが、歴史全体の解説は3ページの図にとどまっているのが残念。よく読めば理解できるのだろうが、少なくとも、本書で取り上げたゾウがどの時代にいたのか、よりわかりやすい解説が欲しかったように思う。

 お薦め度:★★  対象:琵琶湖周辺のゾウなどの化石産地を訪ねてみたい人
[トップページ][本の紹介][会合の記録]