友の会読書サークルBooks

本の紹介「ぜったいに飼ってはいけないアライグマ」

「ぜったいに飼ってはいけないアライグマ」さとうまきこ著、理論社、ISBN4-652-07181-7、1300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【石田惣 20021218】
●「ぜったいに飼ってはいけないアライグマ」さとうまきこ著、理論社

 「アライグマ、飼ってみたあい」と思ったことのある人はいませんか? そんな人にオススメの本です。ペットショップのレジでチーン、15万円でアライグマはあなたのもの。甘えん坊の授乳期を過ぎたら本領発揮。あなたに爪を立て、牙をむきます。血まみれになって好物のスナック菓子をあげようとも、その愛情に応えることはありません。こんなハズじゃなかった? そう、アライグマは飼えません。少なくとも、猫のようには。飼い主は大きな期待を胸に、野生動物は今日も買われ、飼われていきます。そして、どれだけの飼い主が裏切られたことでしょう。いや、裏切られたのは、生まれ故郷から連れてこられた動物たちの方なのですが。
 
 お薦め度:★★★  対象:アライグマのみならず、これから何かを飼ってみようと思う人。小学校高学年から(ルビあり)


[トップページ][本の紹介][会合の記録]