友の会読書サークルBooks

本の紹介「雪」

「雪」中谷宇吉郎著、岩波文庫、1994年10月、ISBN978-4-00-311242-7、500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20150414】
●「雪」中谷宇吉郎著、岩波文庫

 寺田寅彦の愛弟子であった中谷宇吉郎は、生粋の物理学者であると同時にすぐれた随筆家でもあった。この本で著者は、今までの雪の研究を整理しながら、厳しい寒さの中で苦労して分類した雪の結晶について紹介し、雪の結晶を人工的に再現する方法を確立して雪の結晶学を科学研究に高めた成果も書いている。この本は、科学の本でありながら「雪と人生」といったことから入り、「雪の結晶は〈天から送られた手紙である〉」という言葉でしめくくるなど、随筆家としての片鱗ものぞかせている。読んでいて楽しい科学書である。中谷宇吉郎は他に「線香花火」、「卵の立つ話(立春の卵)」など多くの随筆も残している。

 お薦め度:★★★★  対象:雪の結晶学および中谷文学を学びたい人
[トップページ][本の紹介][会合の記録]