友の会読書サークルBooks

本の紹介「野生のオランウータンを追いかけて」

「野生のオランウータンを追いかけて マレーシアに生きる世界最大の樹上生活者」金森朝子著、東海大学出版会、2013年8月、ISBN978-4-486-01991-6、2000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20131212】
●「野生のオランウータンを追いかけて」金森朝子著、東海大学出版会

 群れを作らず、樹上で単独生活を送る野生のオランウータン。著者は海外で野生動物の研究をしたいという目標からスタートし、思いがけずオランウータン研究に取り組むことになる。樹高50〜60メートルの巨木がそびえたつ原生林。さぞやワクワクする調査かと思いきや、現実は果てしなく地味な作業。とにかく忍耐。忍耐に次ぐ忍耐。その上に降りかかる病気やアシスタントとのトラブル。でも著者は逃げ出さない。困難な出来事に教訓を得て、常に前を向いている。ぶれない人だなぁ。絶滅の危機にひんするオランウータン。第7章では、私たちにできることも紹介されている。

 お薦め度:★★★  対象:無報酬の報酬について考えてみたいひと

[トップページ][本の紹介][会合の記録]