友の会読書サークルBooks

本の紹介「野生のチューリップ」

「野生のチューリップ」前嶋昭著、福音館書店たくさんのふしぎ2017年5月号、667円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西村寿雄 20170814】
●「野生のチューリップ」前嶋昭著、福音館書店たくさんのふしぎ2017年5月号

 多様な栽培種にあふれているチューリップの原産地を求めて、著者は中央アジアの高地に出向いた。標高900mの砂漠地帯、岩場の斜面に野生のチューリップが見える。これが野生種かと思えるほどカラフルな大輪が咲いている。もちろんタンポポと見間違えそうな小さな花の種もある。著者はさらに天山山脈の西へ向かう。なんと乾燥しきった荒れ地に鮮やかな赤や黄色の花園が出迎える。現地でのチューリップは種ができても花を咲かせる球根に育つのに10年以上はかかるという。1000万年余の命を受け継ぎ、今も荒野の寒冷地でたくましく育つチューリップ、10年の歳月をかけて太陽エネルギーを蓄えてきた野生植物の美しさと力強さに感服させられる。

 お薦め度:★★★★  対象:野生植物の力を感じたい人


[トップページ][本の紹介][会合の記録]