友の会読書サークルBooks

本の紹介「野生動物発見!ガイド」

「野生動物発見!ガイド 週末の里山歩きで楽しむアニマルウオッチング」福田史夫文・武田ちょっこ絵、築地書館、2007年5月、ISBN4-8067-1348-1、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西澤真樹子 20070817】
●「野生動物発見!ガイド」福田史夫文・武田ちょっこ絵、築地書館

 野生動物といっても、鳥じゃなくて哺乳類メインの観察ガイド。既存の観察ガイドには、足あとと生息環境しか書いてない!こんなんじゃ使えない!というのが彼らの本づくりの動機らしい。サルやムササビ、アナグマなど、日本の里山に暮らす動物にどうやって会ったらいいか、その手がかりは何なのか、経験に基づいて紹介されているので、ああこれ、わかるわかる!と共感するところも多い。そんな本文はともかく、最大の難点は絵が下手すぎることと、「いたー!見られたー!キャー!」というノリの紹介が多すぎて、どうしてその動物が可愛いのか、すごいのか、という観察していて一番おもしろいところが抜けちゃっているように感じられること。こんなに動物見ているのに、もったいな〜い。

 お薦め度:★★  対象:休暇にダイビングに行くような感覚で哺乳類を見たい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]