友の会読書サークルBooks

本の紹介「ヤモリの指から不思議なテープ」

「ヤモリの指から不思議なテープ」松田素子・江口絵理著・石田秀輝監修・西澤真樹子画、アリス館、2011年12月、ISBN978-4-7520-0551-3、1300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【高田みちよ 20120224】
●「ヤモリの指から不思議なテープ」石田秀輝監修、アリス館

 新幹線の先頭がカワセミを模しているとか、消音にフクロウの羽を模しているとか、鳥好きなら聞いたことがあるかも。しかし、どうやって開発したかの詳しい話を知っている人はそんなにいないはず。ましてや開発者へのインタビューなんてそうそう聞いたことがないはず。本書は生き物の体を工学的に活用した例を、ものすごく詳しく紹介してくれる。そして小難しい仕組みをイラストを多用してわかりやすく解説してくれる。今後の発展として、「できるかも」が未来の新しい夢を語ってくれる。生き物はすごい、という感心と、それに気づいて活用した人間はすごい、という2つの感心にあふれた本。

 お薦め度:★★★★  対象:生き物好きだけでなく、工学好きにぜひ!

[トップページ][本の紹介][会合の記録]