友の会読書サークルBooks

本の紹介「山はどうしてできるのか」

「山はどうしてできるのか  ダイナミックな地球科学入門」藤岡換太郎著、講談社ブルーバックス、2012年1月、ISBN978-4-06-257756-4、880円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20130626】
●「山はどうしてできるのか」藤岡換太郎著、講談社ブルーバックス

 海洋地質学が専門の著者が、なぜか山をテーマにした本を出版した。でも山といっても私たちがイメージする山だけでなく、海底にそびえる大火山、軽い岩石でできたから浮き上がってできた海山など、海洋を専門としている著者の本領発揮な内容。プレートやプリュームなど地質学の基本原理を説明しつつ、山をいうテーマに絞って地球の成り立ちを説明するということに成功している。なんで山って高いのかなという素朴な疑問にすべては答えるわけじゃないけど、山に登ったときに地球の成り立ちと山とのつながりを感じさせるきっかけになるかもしれない。

 お薦め度:★★★★  対象:地球の成り立ちと山に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]