友の会読書サークルBooks

本の紹介「忘れられた日本人」

「忘れられた日本人」宮本常一著、岩波文庫、1984年5月、ISBN4-00-331641-X、700円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【加納康嗣 20060922】
●「忘れられた日本人」宮本常一著、岩波文庫

 名著として有名である。旅する民俗学者が語る世界は、常民の日常の生活誌であり、何処の習慣が何処とどう違って、どう伝承してといった退屈な羅列ではない。語る民俗学である。誰もが賞賛する「土佐源氏」などしょうもない小説より遙かに面白く、身震いするぐらいだ。古き日本人はかくも逞しく、開放的で、漂泊を続けていたか。人は動くもの、立つもの(男だけか)、抱き合うもの、いたわるものなのだ。登場する人物たち、爺や婆、世間師、伝承者たちに逢ってみたい、そんな思いを膨らませてくれる。
 重畳たる山河が織りなす檮原を過ぎて、伊予に抜けたことがある。「土佐源氏」を助けた土地のええ師那須という名は、維新で活躍した郷士と同じ名だ。忘れられた日本人の香りがヒクヒクと鼻をくすぐる。
 2度目の読書だがより新鮮で驚きだった。歳のせいだろ。

 お薦め度:★★★★  対象:本を読まなくなった日本人、夜ばいが解る年頃以上の方

[トップページ][本の紹介][会合の記録]