友の会読書サークルBooks

本の紹介「わらうプランクトン」

「わらうプランクトン」平井明夫著、小学館、2015年2月、ISBN978-4-09-726561-0、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20151030】
●「わらうプランクトン」平井明夫著、小学館

 なにをしてるかと言えば、プランクトンの頭部を正面から撮影して、笑ってる顔に見える〜。と喜んでいるだけ。それだけなのに、驚くほど面白い。
 出てくるのは、甲殻類、多毛類、軟体類、魚類、その他(ホウキムシ、ヤムシ)。平べったいものでも、細長いものでも、とにかく正面から撮る。目が分かるように撮る。写真についたキャプションは、笑うヨコエビとか、ゆるキャラ大集合とか、主観的でふざけてる。ふざけまくってはいるけど、意外と正面から見たらどう見えるかが分かる写真集として貴重。そして、見慣れているはずのプランクトンでさえ、正面から見たら、ぜんぜん違う表情をみせてくれている。

 お薦め度:★★★  対象:天井の染みに顔を見いだしてしまうヒト

[トップページ][本の紹介][会合の記録]