友の会読書サークルBooks

本の紹介「魚附林の地球環境学」

「魚附林の地球環境学 親潮・オホーツク海を育むアムール川」白岩孝行著、昭和堂、2011年4月、ISBN978-4-8122-1118-2、2300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20110826】
●「魚附林の地球環境学」白岩孝行著、昭和堂

 地球上の海の中でもひときわ生物生産力の高いオホーツク海。日本・ロシア・中国が共同した大規模なプロジェクト研究により、アムール川流域の森林と湿地から流れ出す大量の栄養塩と鉄、海氷(流氷)の存在、栄養塩と鉄に富んだ中層水、潮流による撹拌など、様々な条件が重なり合って豊かな海を作り上げていっていることがわかる。そして栄養塩と鉄を供給するアムール川が、人間の開発によって将来変貌し、その豊かな海が未来まで続かない可能性まで言及されている。海と陸とは分かちがたい関係にあることを示すだけでなく、上記の国々にモンゴルを含めた国際的なコンソーシアムの実現までこぎ着けたプロジェクトの道のりを記した熱い本である。

 お薦め度:★★★  対象:これからの地球環境を考えたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]