友の会読書サークルBooks

本の紹介「ウナギ 大回遊の謎」

「ウナギ 大回遊の謎」塚本勝巳著、PHPサイエンスワールド新書、2012年6月、ISBN978-4-569-79670-3、900円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20120822】
●「ウナギ 大回遊の謎」塚本勝巳著、PHPサイエンスワールド新書

 ウナギは“不思議”という言葉を代表するような生物である。アリストテレスの時代には、他の水域から隔離された池に生息していたり、雌雄もわからないウナギを泥から生じたと考えていた。ウナギの子供がレプトセファルスであり、大西洋のウナギの産卵場がほぼ特定されたのがおよそ100年前であるが、依然として謎の多い魚である。著者は回遊現象への興味からウナギ研究に入り、30年を超える情熱をかけてついにニホンウナギの産卵場を発見するに至った。耳石日周輪の情報から産卵日を、採捕したレプトセファルスのサイズから場所を特定し、どんどん追い詰めていく過程は推理小説のようである。世界的に減少しているウナギ資源の問題にも触れており、読者はウナギの謎解きを十分に満喫できるであろう。

 お薦め度:★★★  対象:いつまでも蒲焼きを食べたい全ての人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]