友の会読書サークルBooks

本の紹介「海をわたる蝶」

「海をわたる蝶」日浦勇著、蒼樹書房、1973年2月、ISBN4-7891-1002-8、1600円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【村山涼二 20040817】
●「海をわたる蝶」日浦勇著、蒼樹書房

 「海をわたる蝶」として、イチモンジセセリはなぜ大移動するか、マメを求めて移動するウラナミシジミ、モンシロチョウとスジグロシロチョウの幼虫の食草と棲み分け関係など、3種のちがったタイプの蝶の生活史より移住性を追求している。何百年か千何百年か昔、朝鮮半島からか中国大陸から、モンシロチョウの群れの飛来を想像もしている。一方、「海をわたらぬ蝶」(ギフチョウなど日本固有種)の定住性と一化性と森林と結びついた生活がある。原始的自然、農村的自然、都市的自然と、自然変化と蝶の種数の変化を纏めているが、人類の自然への関わりの自然変化への影響に厳しく警告している。30数年前に著者がこの本で述べている「自然変化の本質の厳しい追及の必要性」は、今、さらに重要性を増している。

 お薦め度:★★★★  対象:自然を大切に思う人たち

【和田岳 20050320】
●「海をわたる蝶」日浦勇著、蒼樹書房

 イチモンジセセリ、ウラナミシジミ、モンシロチョウというごく普通の3種を中心に、渡りや迷行を含めたチョウの移動の謎について解明しようとする内容。イチモンジセセリの大群の出現の話からはじまり、移動性の高いチョウと低いチョウの比較。さらには、渡ってくるチョウの供給源であるフィリピンに赴き、都市化による蝶相の変遷を調べ、生物地理学から話は氷河時代にまで及びます。ただし、蝶の渡りや移動性の話と、生物地理学の話が、スムーズにつながっていないのは残念なところです。
 正直、研究内容という面では、今読んでも目新しさはありません。むしろ、アマチュアや今から研究を志す人が、研究ってどんなものかを知る手がかりになる本でしょう。

 お薦め度:★★  対象:今から研究をしてみたい人、あるいは研究ってどんなものか知りたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]