友の会読書サークルBooks

本の紹介「海と湖の貧栄養化問題」

「海と湖の貧栄養化問題 水清ければ魚棲まず」山本民次・花里孝幸編著、地人書館、2015年3月、ISBN978-4-8052-0885-4、2400円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20151030】
●「海と湖の貧栄養化問題」山本民次・花里孝幸編著、地人書館

 諏訪湖、琵琶湖、瀬戸内海。いずれも一時期富栄養化が大きな問題となった水域。ところが今度は、貧栄養化が問題となっている。
 富栄養化という語はすっかり市民権を得て、下水の整備や水質規制、無リン洗剤の普及など、さまざまな対策が行われたおかげで、陸域から湖や海に入る河川水からリンや窒素などの栄養塩類は随分取り除かれた。富栄養化問題は解決したかのように見えた。ところが、その結果なにが起きたかというと、漁獲高が減少し、養殖ノリが色落ち。
 そして気づいたのは、栄養塩類は多すぎてもダメだが、少なすぎるのもまずいということ。まあ当たり前だけど、それをデータで示した感じ。

 お薦め度:★★★  対象:富栄養化問題に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]