友の会読書サークルBooks

本の紹介「海のクワガタ採集記」

「海のクワガタ採集記 昆虫少年が海へ」太田悠造著、裳華房、2017年7月、ISBN978-4-7853-5124-3、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【森住奈穂 20171221】
●「海のクワガタ採集記」太田悠造著、裳華房

 ウミクワガタとは甲殻類の仲間。甲殻類は寄生生活に特化した分類群が多いそうだ。人目につくエビ・カニは氷山の一角とのこと。ウミクワガタも寄生性。生涯に3度だけの食事の際に、魚の体表や鰓などに取りつき体液を吸う。クワガタムシのような大アゴは繁殖場所やメスを守るためのものなのだそうだ。昆虫少年だった著者は、虫採るために琉球大学へ進学。海の生物にも興味が広がったところで、「昆虫と海洋生物を両方できる感じ」のウミクワガタに出会う。採集の苦労話、新種記載の苦労話、軟骨魚類に寄生する巨大種(通常:ゴマ粒、巨大種:米粒)飼育の苦労話。どれもとっても楽しそう。そして、ウミクワガタの真っ白なぬいぐるみを持って写真に収まる著者。自作とのこと!そのことにも驚いた。

 お薦め度:★★★★  対象:知らない、見たこともない生きものを見てみたいひと


[トップページ][本の紹介][会合の記録]