友の会読書サークルBooks

本の紹介「海のかたち ぼくの見たプランクトン」

「海のかたち ぼくの見たプランクトン」吉野雄輔著、福音館書店たくさんのふしぎ2017年10月号、667円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【冨永則子 20171221】
●「海のかたち ぼくの見たプランクトン」吉野雄輔著、福音館書店たくさんのふしぎ2017年10月号

 山口県青海島の小さな湾の海面のすぐ下、1メートルから2メートルのところで出会った小さな小さなプランクトン。大きいものでも15センチくらい。ほとんどが数センチ足らずだ。目の前で、ここに居ると指を差されても直ぐには分からないのも当然だろう。それをすべて海中で撮影している。海の中で重力から解放された環境で生きるプランクトンは「海が作った海のかたち」という言葉が素敵。最後のページのキャプションは余計かな?

 お薦め度:★★★★  対象:海に生きる小さな生き物に興味のある人に


[トップページ][本の紹介][会合の記録]