友の会読書サークルBooks

本の紹介「生まれ変わる動物園」

「生まれ変わる動物園 その新しい役割と楽しみ方」田中正之著、化学同人、2013年3月、ISBN978-4-7598-1352-4、1700円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【冨永則子 20140204】
●「生まれ変わる動物園」田中正之著、化学同人

 動物園の目的として、「種の保全」「教育・環境教育」「調査・研究」「レクリエーション」があるが、日本では4つ目の「レクリエーション」としての場、幼い子を連れて行く『子どものための施設』という認識が一般的ではないだろうか? しかし、海外では、動物園自体が研究センターを持っていたり、大学と連携して、大学の研究者が常駐して飼育動物を対象とした研究を行っている例がいくつもあるらしい。本著の舞台となる京都市動物園は、日本で始めて、大学の研究者が常駐している動物園となった。その京都大学野生動物研究センター開設の当初を紹介し、今後の動物園の在り方を問うている。
 某市では、動物園をテーマパークにしようと「動物園改革担当部長」なるものを公募しているが、動物は生き物だ。お隣の遊園地のように、失敗したら壊して更地にできるものではない。応募する人にも採用する人にも一読して欲しい一冊だ。

 お薦め度:★★★★  対象:動物園好きに、動物園で働きたいと思っている人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]