友の会読書サークルBooks

本の紹介「うちのカメ」

「うちのカメ オサムシ先生カメと暮らす」石川良輔著、八坂書房、1994年4月、ISBN4-89694-645-6、2000円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【外丸須美乃 20031024】
●「うちのカメ」石川良輔著、八坂書房

 「鶴は千年、亀は万年」というが、飼育記録としては30年以上で記録ものになるという。本書は、35年前に道端で売っていたカメと出会って以来、ずっと家族の一員として一緒に暮らす様子を描いた実録記。ある日、水槽からカメを出してみると、その活発な動きに驚き、以来家の中で放し飼いにする。著者は研究者ということもあり、カメの習性や生態、地理感覚等、緻密に観察分析する。カメにもお気に入りの場所(パジャマ・スリッパ・ひざの上などなど)がちゃんとあり、その個性豊かな姿には驚かされる。写真もふんだんに用いて解説されており、気に入らないことがあると、「嫌ッ」と前足を反らすカメコの姿は実に愛らしい。カメが好きな人だけでなく、生き物を飼っているすべての人へおすすめの一冊。
 
 お薦め度:★★★★  対象:現在カメを水槽で飼っている人、カメを飼ってみたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]