友の会読書サークルBooks

本の紹介「ツキノワグマ」

「ツキノワグマ クマと森の生物学」大井徹著、東海大学出版会、2009年11月、ISBN978-4-486-01854-4、3200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【釋知恵子 20110421】
●「ツキノワグマ」大井徹著、東海大学出版会

 ツキノワグマをはじめとしてクマの基本情報がばっちり載った一冊。クマが越冬に必要なエネルギーを得るためには、秋の間にブナの実なら約57万粒食べないといけないとか、今まで漠然としていたクマ情報が、具体的に事細かに表現されており、クマ辞典としてはいいなあと思った。クマ辞典と感じたのは、これを書いた人はどんな人なのか、クマについての著者の関わり度合いが今一つ感じられなかったからかもしれない。著者の匂いをもう少し感じさせてほしかった。

 お薦め度:★★★  対象:クマってどんな生き物なのかを知りたい人に

[トップページ][本の紹介][会合の記録]