友の会読書サークルBooks

本の紹介「土とは何だろうか?」

「土とは何だろうか?」久馬一剛著、京都大学学術出版会、2005年12月、ISBN4-87698-801-3、1500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【中条武司 20070217】
●「土とは何だろうか?」久馬一剛著、京都大学学術出版会

 「土」というとらえどころのない対象を、特に農業との絡みで述べている本書。「土」とはどのようにできるのか、生物と土の関係、土の栄養と農業の関係など、土に関する様々な面から紹介している。特に、口絵1の集落から伸びる家畜の移動による土壌の荒廃写真(航空写真)は圧巻。人間活動が土をも含めた地球全体に影響を及ぼしているのが実感できる。しかし、化学式とか結構出てきて、大学の講義ノートを読んでいるよう。もうちょっと文章がおもしろく書ける人だったらもっと興味を持って読めるのになと感じた。

 お薦め度:★★  対象:農業と自然について考えたい人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]