友の会読書サークルBooks

本の紹介「ツノゼミ ありえない虫」

「ツノゼミ ありえない虫」丸山宗利著、幻冬舎、2011年6月、ISBN978-4-344-02011-5、1300円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【六車恭子 20110826】
●「ツノゼミ ありえない虫」丸山宗利著、幻冬舎

 ファション誌を覗いたような錯覚を憶える。これは装身具なのか、はたまたUFOなのか? カラフルな色彩、奇抜な衣裳、究極の愛すべき変な生ものの写真集だ。自然の美しさは細部に宿るとすれば、断然ツノゼミが筆頭だろうか。植物の汁を吸って甘露に満ちた彼らはあま〜い夢の世界に誘う。うっかり手を出そうものなら彼らは毒のあるとげで報いる。くわばらくわばら・・・。ツノゼミ顔面カタログの頁はついつい何かを連想させてくれる。驚きと郷愁に満ちたまるで異世界からの招待状のような本に仕上がっている。疲れた時のコーヒ一杯に値する。

 お薦め度:★★★★  対象:肩こりのあなた!生活に疲れたあなた!

[トップページ][本の紹介][会合の記録]