友の会読書サークルBooks

本の紹介「次の巨大地震はどこか!」

「次の巨大地震はどこか!」宍倉正展著、宮帯出版社、2011年8月、ISBN978-4-86366-810-2、1200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【萩野哲 20111221】
●「次の巨大地震はどこか!」宍倉正展著、宮帯出版社

 地震は予知できるか?著者は?いつ、?どこで、?どれくらい、の3要素が必要であるという。それでは、これらはどの程度予想できるのだろうか?まず?。500〜1000年に1回かどうかの長期予想は可能だが、具体的にいつかの短期予想は無理である。次に?。地殻のひずみ場所はわかるので、地震が起こりやすい場所はわかる。最後に?。規模については過去の経験からは予想できず難しい。
 古地震学により、過去の地震の規模を解明することができる。?から、南海トラフを震源域とする東海地震、東南海地震、南海地震は今世紀中に必ず起きると言えるのだろう。しかし、周期的に起きるとはいっても500〜1000年に1回かどうかの確率である。1年後やら100年後やら分からないのに“予知”というのは無理があるのではなかろうか?日本には地震が起こりやすい場所は無数にあり、また比較的大きな地震が頻発しているので、起こった地震は予知されたのか、偶然起こったのか、判定できない。「やっぱり地震予知は困難だ」との読後感を植え付けるいらだちの1冊である。

 お薦め度:★★  対象:地震予知に期待をかけている人以外

[トップページ][本の紹介][会合の記録]