友の会読書サークルBooks

本の紹介「父さんのからだを返して」

「父さんのからだを返して 父親を骨格標本にされたエスキモーの少年」ケン・ハーパー著、早川書房、2001年8月、ISBN978-4-15-208365-4、2500円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【西澤真樹子 20080425】
●「父さんのからだを返して」ケン・ハーパー著、早川書房

 20世紀初頭、世界各地の「秘境」を探検することが大流行りだった時代に、北極点到達を目指した探検家ロバート・ピアリー。研究対象としてニューヨークの自然史博物館に連れ帰った6人のエスキモーは、慣れない土地でバタバタ死亡、死体は骨格標本に。一行の中にいた少年ミニックは、標本になった父親が展示されているのを見て、遺骨を取りすために活動する(遺骨は彼の死後、1993年に返還)。
 北極点到達は白人だからできない、エスキモーにこそできると主張して、探検隊に同行しようとアメリカの大学で学ぶも邪険に扱われ、脱走してグリーンランドに戻る。しかし、猟の技術も伝統も身に付いていない彼は、エスキモー仲間にとっても「アメリカ帰りの不思議な同胞」として、どっちつかずの存在になってしまう。
 昔の探検家も博物館もものすごいことしてたなー、と読んでいて暗ーい気持ちになれる本。人類学がなんか怖くて触れたくないジャンルなのは、こういう負の遺産がいっぱい見えてしまうからかなあ。

 お薦め度:★★★  対象:■

[トップページ][本の紹介][会合の記録]