友の会読書サークルBooks

本の紹介「鳥たちの驚異的な感覚世界」

「鳥たちの驚異的な感覚世界」ティム・バークヘッド著、河出書房新社、2015年4月、ISBN978-4-309-25278-0、2200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20160826】
●「鳥たちの驚異的な感覚世界」ティム・バークヘッド著、河出書房新社

  鳥の行動生態学の大先生による鳥の感覚についての一冊。といっても教科書ではなく、調査エピソードも交えて読みやすく、今まで知らなかった鳥の感覚世界についての話題が並ぶ。野外で鳥を見る目も変わるかも。
 鳥の眼は左右で機能分化していて、タカは右眼で獲物を狙うとか。大声で鳴く鳥は、鳴くときに自分の耳を覆って保護するとか。アブラヨタカはエコーロケーションするとか。カモの嘴の先にはたくさんの触覚受容体が並んでいて、それを使って泥の中の食べ物を探すとか。鳥は右眼で地球磁場を見てたとは!
 蜜蝋ろうそくに火を付けるとミツオシエがやってくるというのは、一度体験してみたい。

 お薦め度:★★★★  対象:鳥に興味があれば
[トップページ][本の紹介][会合の記録]