友の会読書サークルBooks

本の紹介「鳥たちの森」

「鳥たちの森」日野輝明著、東海大学出版会、2004年10月、ISBN4-486-01655-6、3200円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【和田岳 20050222】
●「鳥たちの森」日野輝明著、東海大学出版会

 日本の森林/多様性シリーズの第4巻。長年、鳥を中心に生物間相互作用を研究してきた著者が、生態を中心に森林の鳥を紹介する。
 第1章は鳥の起源、第2章は種子散布や鳥媒花といった鳥と植物の相互作用、第3章は鳥と昆虫の相互作用の話。第4章は競争・托卵・捕食といった鳥同士の敵対関係、第5章は混群の話を中心に鳥同士の誘因関係が紹介される。第6章は地史や森林のタイプなどによる鳥類相の違いを扱い、第7章では森の鳥たちの保全の問題が取り上げられる。
 生物間相互作用、共進化、多様性をキーワードに、鳥を中心にした群集生態学について一通り解説され、けっこうわかりやすくまとまっている1冊。

 お薦め度:★★★  対象:鳥の生態に興味のある人

[トップページ][本の紹介][会合の記録]