友の会読書サークルBooks

本の紹介「とりぱん1」

「とりぱん1」とりのなん子著、講談社モーニングワイドKC、2006年3月、ISBN4-06-337594-3、591円+税


【注意】本の紹介は、それぞれの紹介者が自らの判断によって行なっています。他の人からの意見を取り入れて、変更をする場合もありますが、あくまでも紹介文は紹介者個人の著作物であり、サークル全体や友の会、あるいは博物館の意見ではないことをお断りしておきます。
 もし紹介文についてご意見などありましたら、運営責任者の一人である和田(wadat@mus-nh.city.osaka.jp)までご連絡下さい。
[トップページ][本の紹介][会合の記録]

【釋知恵子 20061017】
●「とりぱん1」とりのなん子著、講談社モーニングワイドKC

 雑誌連載を集めた単行本マンガ。その内容はなかなか珍しいのではないかと思う。庭の餌台に集まる鳥や移り行く自然を、餌台を世話するマンガ家の視点からながめる。著者が見て、体験したことを自分なりに想像して解釈するのは、おもしろいし、何でもおもしろがる心を持っていれば発見があるものだなあと関心もする。
 この本が連載されている、モーニングの読者はこのマンガを雑誌の中でどう感じて読んでいるのだろう。全体に漂うほのぼのした雰囲気に朝から癒され、学校や職場に向かっているのだろうか。

 お薦め度:★★  対象:「とりぱん」というタイトルに惹かれたマンガ好きに

[トップページ][本の紹介][会合の記録]